ページの先頭です
メニューの終端です。

令和2年5月のメッセージ(5月1日放送)

更新日:2020年5月1日

ページID:1443

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

動画でもご覧いただけます。

令和2年5月のメッセージ(5月1日放送)

 若葉がみずみずしい5月、町内では、あちらこちらで田植えや田植えの準備をされている風景が見られます。とてもさわやかな季節ですが、今年は全く違います。皆様の日常が一変し、見えない敵がこれほど経済を苦しめている姿を私は経験したことがありません。

 そのような中で、4月7日には子ども用のおもちゃなどを手作りされている神河町の女性ボランティアグループ「ちくちくバァバ」様から、小学校新入生用にお手製マスク70枚を、また、16日には但陽信用金庫様から医療用マスクN95を2,400枚、27日には株式会社互恵アグリ研究所様からも布製マスクの寄贈を頂きました。ご支援に心から御礼を申し上げますとともに、学校現場、医療現場、緊急時の備蓄用として有効に活用させていただきます。本当にありがとうございました。

 また、25日からは、ケーブルテレビで各学校の先生方から自宅待機中の児童・生徒の皆様に向けた心温まるメッセージや特別事業等も放送されていますので、お子様ともども是非ご覧ください。

4月7日 手作りマスク贈呈の写真

4月7日 手作りマスク贈呈

 新年度に入り、役場では4月1日に5人の新入職員を迎えました。加えて、公立神崎総合病院副院長兼事務長に、兵庫県内の7病院11年の病院事務現場の経験をお持ちの、兵庫県立こども病院総務部長でいらっしゃいました、春名常洋氏の派遣をいただいております。兵庫県のご支援に心から感謝申し上げ、今後の公立神崎総合病院そして、神河町のために御尽力を賜りたいと思っております。

4月1日 神河町役場辞令交付式の写真

4月1日 神河町役場辞令交付式

 さて、新型コロナウイルスにつきましては、ゴールデンウイークを前に感染者数は少し減少傾向にあるとはいえ発生は今なお続いています。兵庫県の方針を受け、神河町の学校園においても臨時休校を5月31日まで延長することを決定。また、町指定管理の観光施設について、4月29日から5月6日までの間、全面休業することといたしました。なお、仕出し組合や飲食店を中心に行われるテイクアウトの取り組み等については随時情報発信してまいります。

 5月6日以降の行動自粛・制限については、国はその判断をぎりぎりまで見極める方針であり、町としてもその国の判断にしたがって対応することといたしました。いま大切なことは国民の心が1つになってこの新型コロナウイルスを退治していく、終息に追いやることです。

 町民の皆様には、ご自身と大切なご家族を守るため、あらためて、3つのお願いをいたします。
 1つは生活維持に必要な場合を除き、5月6日までは外出を控えてください。2つ目は人との接触を控え、必ず密閉、密集、密接を避けてください。3つ目はマスクの着用、手洗い・うがい、そして体調管理にしっかりと努めていただくようお願いします。
 役場においても、現在2班体制を基本に5割の在宅勤務を実施しています。窓口でお待ちいただくこともありますが御理解をお願いいたします。

 さて、緊急経済対策についてでございます。神河町といたしましても、国の経済対策方針を受け5月8日に臨時議会を招集し、1つ、全国民対象に一人当たり10万円が給付される「特別定額給付金」、2つ、子ども一人当たり1万円を支給する「子育て世帯臨時特別給付金」、3つ、町内事業所が対象となる休業要請事業者経営継続事業としての県・市町共同事業に係る持続化交付金、以上を基本に提案を予定しています。なお、これらの申請および給付については、適宜お知らせしてまいります。また、手続きの詳細が明らかになっていない部分や、地域産業・住民生活への町独自の支援策についても、実態をしっかりと把握しながら取り組みを進めてまいります。引き続き、国・県の情報に連動した対応を行なってまいりますので、町が発信する情報に注意していただきますよう重ねてお願いいたします。

 結びに、繰り返しになりますが、今が耐え時です。第一線で戦っていただいている医療従事者と心を1つにしながら、引き続きの町民皆様の予防対策と行動で、この難局を乗り切ってまいりましょう。

カーミンもマスクを着用の写真

カーミンもマスクを着用

このページに関するお問い合わせ先

総務課

所在地: 〒679-3116 兵庫県神崎郡神河町寺前64番地(神河町役場本庁舎2階)

電話番号: 0790-34-0001 ファックス番号: 0790-34-0691

お問い合わせフォーム