ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

現在位置

あしあと

    令和6年度以降の新型コロナワクチン接種について

    • ページID:2880
    • [更新日:]

    厚生労働省から令和6年度以降の新型コロナワクチン接種について方針が示されたため、現時点の情報をお知らせします。
    ※厚生労働省から現在示されている情報をもとに作成しています。国の動向やワクチンの供給状況等により、内容に変更が生じる可能性があります。

    特例臨時接種の終了

    新型コロナワクチン接種は現在、「特例臨時接種」に位置づけられ、全額公費(自己負担なし)で接種が受けられます。この「特例臨時接種」は令和6年3月31日をもって終了し、令和6年度以降は「定期接種」に移行します。

    現在と令和6年度以降の比較

    令和6年3月31日まで令和6年4月1日以降
    接種の分類特例臨時接種B類疾病の定期接種
    対象者生後6か月以上の方・65歳以上の方
    ・60~64歳で重症化リスクが高い方(範囲は季節性インフルエンザの定期接種と同様)
    接種回数期間中に1回年1回
    接種時期令和5年9月20日から令和6年3月31日秋冬に実施予定
    接種費用無料有料(費用は未定)

    特例臨時接種終了のお知らせ

    Adobe Acrobat Reader の入手
    PDFファイルの閲覧には Adobe Acrobat Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Acrobat Reader をダウンロード(無償)してください。

    令和6年度以降の新型コロナワクチン接種の概要

    令和6年度以降は重症化予防を目的に、季節性インフルエンザと同様のB類疾病に位置づけ、予防接種法に基づく「定期接種」として実施します。

    対象者

    ・65歳以上の人
    ・60歳から64歳で、心臓、腎臓または呼吸器の機能に障害があり、身の回りの生活が極度に制限される人、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)による免疫の機能に障害があり、日常生活がほとんど不可能な人

    定期接種の費用負担

    原則、一部自己負担あり(金額は未定)

    接種回数及び時期

    年に1回、秋冬を想定

    使用するワクチン

    流行の主流であるウイルスの状況やワクチンの有効性に関する科学的知見を踏まえ、国が使用するワクチンを検討する方針です。

    任意接種について

    令和6年4月1日以降、定期接種以外で接種を希望する人は、任意接種として全額自費で接種を受けることができます。

    お問い合わせ

    神河町役場健康福祉課

    所在地: 〒679-2414 兵庫県神崎郡神河町粟賀町630番地(神崎支庁舎内)

    電話番号: 0790-32-2421 ファックス番号: 0790-31-2800

    お問い合わせフォーム

    お知らせ

    • 神河町ふるさと納税
    • 移住定住支援サイトかみかわくらす
    • かみかわ観光ナビ