神河町役場
検索
のんちゃん応援バナー
トップページへ サイトマップ 部署一覧へ メール
フォントサイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイトの現在位置
トップ町長からのメッセージ町長からのメッセージ 平成30年平成30年1月のメッセージ
親情報へ 
2018年1月1日 更新
印刷用ページを開く
平成30年1月のメッセージ
平成30年 新年のごあいさつ
明けましておめでとうございます。皆様には、お健やかに新年をお迎えのこととお喜び申しあげます。

昨年11月に執行されました神河町長選挙におきまして、神河町内外問わず多くのご支援を賜り三選を果たすことができましたこと、心から御礼を申し上げます。
引き続き、「交流から定住」「住むなら やっぱり 神河町」のキャッチフレーズのもと、神河町の魅力に磨きをかけ、高齢者福祉をはじめ、教育・子育て若者定住施策を中心に、地域創生事業を全力で進めてまいりますので、皆様のご支援、ご協力をお願いいたします。
動画でもご覧いただけます。
国際情勢では、日本海近郊において、北朝鮮によるミサイル発射実験が繰り返され、緊張状態が続いています。また、昨年も世界中でテロが頻発し、多くの方が犠牲者になられました。このような映像を見るたびに、戦争・核兵器のない世界を熱望するとともに、皆様の安全確保について思いを巡らせます。
国政においては、10月22日に第48回衆議院議員総選挙が執行され、自民・公明の与党が300を超える議席を獲得し、安倍政権継続が決定致しました。そして、消費税増税に伴う子育て支援の仕組が議論されるとともに、森林環境税の導入が決定をされました。子育て支援、若者定住、そして農林業の再生を掲げる神河町にとって、事業展開を進める追い風となるものと期待をしています。

スポーツ界では、桐生祥秀選手が日本人初、100m10秒の壁を破り、9秒98の日本新記録を樹立しました。2020年東京オリンピック・パラリンピックを控え、日本選手の活躍に期待が高まります。
また、神河町出身の平岡敬人投手が広島東洋カープにドラフト指名され、12月26日には表敬訪問を受けました。プロの世界で切磋琢磨されながら、ご活躍されることを期待致します。
広島東洋カープ 平岡敬人投手 表敬訪問
神河町では、昨年1月14日の早朝から雪が降り続き、記録的な大雪となりました。通勤・通学に大変ご不便をおかけしましたが、皆様のご協力により事態を乗り超えることができました。
4月28日には、念願の「播但貫く、銀の馬車道・鉱石の道」が文化庁の日本遺産に登録されました。そして、11月25日には中播磨地域初となる道の駅「銀の馬車道・神河」がオープンし、連日多くの方で賑わいを見せています。今後は、この道の駅から中村・粟賀町の歴史的景観形成地区への人の流れを作り、付加価値を高めることで、歴史文化と観光振興の「保存から活用」を推進してまいります。
6月26日には、安全・安心の要でもある公立神崎総合病院の北館改築工事がスタート。平成31年度中のオープンを目指し、工事が進んでいます。
10月22日には、超大型の風台風21号が接近。吉冨区の兵庫県指定文化財、春日神社の拝殿が全壊、中村区の町指定文化財、埋田神社が一部損壊するなど町内各地で多くの建物被害が発生し、現在修復に向けて準備が進められています。
「播但貫く、銀の馬車道・鉱石の道」日本遺産認定
12月4日には、「五つ星ひょうご」選定商品に、「神河町産の柚子で作った、潤いたっぷりのスキンクリーム」が選ばれました。この商品は、平成28年度から実施している中学2年生対象の「子どもの夢を叶える事業」をきっかけに開発されました。
また同日、「神河囲炉裏の宿 豊楽」の「白味噌ぼたん鍋」プロジェクトが「キラリひょうごプロジェクト」選定されるなど、神河町の特産品が自他ともに認められてきています。
続く16日には、国内14年ぶりの新設スキー場、「峰山高原リゾート ホワイトピーク」が白銀の世界の下グランドオープン。最新の設備を備えたスキー場として、これからも認知度をさらに上げていき、本格的な冬を迎えるにあたり、より多くの方々にお越しいただき、神河町の冬を存分に楽しんでいただきたいと思います。

3期目のスタートに合わせて、「道の駅」や「スキー場」などの新たな神河町の魅力が誕生し、新たな息吹も感じているところです。この魅力にさらに磨きをかけ、大きく育てていくことが、私たちに求められています。町内の様々な出来事が新聞等で取り上げられ、神河町の知名度はここ数年急激に上昇しています。これは、町民皆様の「おもてなし」があってこそだと思います。今後も魅力ある我が町「神河町」に自信を持ち、引き続きPRをお願い致します。
道の駅「銀の馬車道・神河」オープン
地域創生をさらに押し進め、確実な足取りにするためには、強い気持ちと意志を持ち、皆様からいただいた声を政策として実現することが重要です。基本政策として、
一つ目は「安心して暮らせるまちづくり」です。「公立神崎総合病院」の医師確保、北館改築に伴う医療の充実、地域ぐるみの子育て、高齢者の見守りなどの安心づくりを進めます。
二つ目は「みんなが活躍できるまちづくり」です。一人ひとりを尊重し認め合う人づくり、日本遺産「銀の馬車道・鉱石の道」、「福本遺跡」をはじめとした歴史文化遺産を活かしたまちづくりを進めてまいります。
三つ目は「未来に希望が持てるまちづくり」です。豊かな自然を生かした仕事の創造、「交流から定住」への取組み強化、生活や暮らしの移動手段確保とコミティバス事業等の拡充を進めてまいります。
四つ目は「その他の事業」として、越知川名水エリア、銀の馬車道エリア、高原エリアの魅力を生かしたさらなる賑わいづくりの創造です。
以上の四項目を中心に、強力に地域創生に取組んでまいります。
「峰山高原リゾート ホワイトピーク」オープン
私は、これからの神河町を育んでいくためには、人の“笑顔”と、地域の“活力”が必要と感じています。
そのために、山林、農業の再生はもとより、高齢者福祉の継続、子育て支援、情報の発信を強化してまいります。
また、若者定住のための住宅環境の充実、希望を持って結婚、出産、子育てできる施策の推進こそが、20年30年後の神河町の創造につながり、それらの政策の延長線上に、高齢者を含むすべての住民にとっての優しいまちづくりがあると確信しています。
引き続き、初心を忘れずこれまで以上に研鑽を積み、全身全霊力一杯取り組む決意を申し上げ、2018年が皆様にとって平和で安心して暮らせ、輝ける1年となりますことをご祈念し、年頭のご挨拶とさせていただきます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
「峰山高原リゾート ホワイトピーク」オープン
本文終わり
親情報へ ページのトップへ

※「用語解説」に関するご質問・ご要望は、ウェブリオまで問合せください。

総務課
〒679-3116 兵庫県神崎郡神河町寺前64番地
Tel: 0790-34-0001  Fax: 0790-34-0691
E-Mail: こちらから
本庁舎
所在地: 〒679-3116 兵庫県神崎郡神河町寺前64
TEL: 0790-34-0001(代表) FAX: 0790-34-0691(代表)
開庁時間: 午前8時30分から午後5時15分まで(土日祝日を除く)
神崎支庁舎(健康福祉課)
所在地: 〒679-2414 兵庫県神崎郡神河町粟賀町630
TEL: 0790-32-2421(健康福祉課) FAX: 0790-31-2800(代表)
開庁時間: 午前8時30分から午後5時15分まで(土日祝日を除く)
日曜証明窓口: 日曜日午前9時から午後5時まで(年末年始を除く)
Copy Right (C) Kamikawa Town All Right Reserved.