ページの先頭です
メニューの終端です。
  • ホーム
  • 「まもろうよ こころ」生きづらさを感じている方の相談窓口(11月11日更新)

「まもろうよ こころ」生きづらさを感じている方の相談窓口(11月11日更新)

更新日:2021年11月11日

ページID:1608

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

いのちの相談窓口 一覧

 今も続いているコロナ禍のなか、先の見えない不安や勤務状況や生活の変化がみられるなど、カラダのみでなく、こころの不調も気づかずに蓄積しているかもしれません。

 近年の自殺者数について、数年減少傾向にありました。しかしながら、令和2年7月以降、増加傾向になり、9月は前年の同月比10%増となっています。

 自殺者数は、昨年1年間で前年より、1000人近く増えており、特に働く女性で増加しています(自殺対策白書)。小中高生の自殺者も増えており(文部科学省調査)、令和2年度は最多(415人)となり、前年比100人程度増えています。 女性やこどもの、悩みやストレスにきめ細かい相談体制や取り組みが大切です。

 自殺の要因はさまざまありますが、自殺に追い込まれる前に、誰かが気持ちに耳を傾け、寄り添うことができるよう、支援につながるための全国共通の相談窓口をご活用ください。

生きづらさを感じている方、その悩みを相談してみませんか。

 また、身近な人の「いつもと違う様子」を感じている方は、声をかけ、寄り添い、耳を傾けてください。

「周囲のひとの心の状態に気づき、いのち支えよう」を意識していただき、自分や大切な人のこころの健康に思いをはせてください。

生きづらさを感じている人の支援窓口

新型コロナ感染症「孤独・孤立対策ホームページ」新設

新型コロナウイルスの感染拡大の影響等により孤独・孤立に悩んでいる方の増加が懸念されます。

悩みを抱えた方々が、各種支援制度や相談先を探しやすくなるよう、国(内閣官房 孤独・孤立対策担当室)のホームページ「あなたはひとりじゃない」が新設されました。

アドレスは以下の通りです。

https://notalone-cas.go.jp/

〇自動応答により案内するシステムを搭載(各種支援鮮度・相談窓口を一元化)

〇専門家からの「役立つヒント」を掲載(相談窓口の上手な活用方法・ストレスに対処する方法)

〇孤独・孤立対策に係る大臣のメッセージを掲載


支援を求める声をあげやすく、支援につながりやすくするために、ご活用・ご利用ください。



地域の相談窓口

☆兵庫県内の相談窓口☆

【兵庫県いのちと心のサポートダイヤル】

電話078-382-3566<休日:24時間・平日:午後6時から翌午前8時30分>

こころの健康相談を中心に、「自殺予防」につながるようご相談に応じます。必要に応じ、最適な保健機関や法律相談窓口につなぎます。

【はりまいのちの電話】

電話079-222-4343<年中無休:午後2時から翌午前1時まで>

【兵庫県こころの健康電話相談】

電話078-252-4987<火曜から土曜:午前9時30分から11時30分、午後1時から午後3時30分>


【神河町役場健康福祉課】

電話0790-32-1240(相談専用ダイヤル)<平日:8時30分から午後5時>

相談窓口等を広めるため、町内の各事業所・公共機関のトイレなどに、手に取ってもらえるよう「こころのカード」を設置していますのでご活用ください。


【中播磨健康福祉事務所(福崎保健所)】

電話0790-22-1234(代表)

「こころのケア相談」毎月第4水曜日(予約制)※精神科医師による相談

☆ご本人に限らず、ご家族や関係者の方もご相談ください。秘密は厳守します。



このページに関するお問い合わせ先

健康福祉課

所在地: 〒679-2414 兵庫県神崎郡神河町粟賀町630番地(神崎支庁舎内)

電話番号: 0790-32-2421 ファックス番号: 0790-31-2800

お問い合わせフォーム