ページの先頭です
メニューの終端です。

平成31年3月のメッセージ(英語表記あり)

更新日:2019年3月1日

ページID:1112

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

動画でもご覧いただけます。

平成31年3月のメッセージ

朝夕まだまだ冷たさを感じるものの、「ふきのとう」が顔を出し春の日差しを感じる今日この頃ですが皆様はいかがお過ごしでしょうか。

2月に入り、2日には公立神崎総合病院北館第一期工事の完成に伴い内覧会が開催されました。病室、手術室や薬剤科も順次北館に移動し供用開始しています。また、4月から神戸大学病院より週1回、皮膚科・泌尿器科の診療を開始することになっています。引き続き、地域医療の中核病院としてしっかりと役割を担ってまいります。

8日には、神河中学校2年生102人を対象に「第4回子どもの夢を叶える授業」を行いました。神河町の現状を示しながら、神河町が進める地域創生事業を説明いたしました。自分達が住んでいるまちが中学生の目線でどのように映っているか、また、どんな町にしたいか、3月12日の中学生からの提言を楽しみにしているところです。

2月2日 公立神崎総合病院北館第1期工事完成内覧会の写真

2月2日 公立神崎総合病院北館第1期工事完成内覧会

2月8日 第4回子どもの夢を叶える授業の写真

2月8日 第4回子どもの夢を叶える授業

11日には、人権啓発大会が開催されました。講師に「おはよう朝日です」のコメンテーターで大阪国際大学準教授の谷口真由美さんを迎え講演をいただきました。お父さんの仕事の関係で近鉄ラグビー部の独身寮で6歳から16歳まで選手と一緒に生活した中で感じた「しんどいことが言えない男性社会」を理解しつつ家庭の中でもっと働き方改革を進める必要があることや、女性の意見反映には会議の場に3割以上の女性の出席が必要だと強調されました。男女が共に担う社会に向けて、行政の各種委員会に女性の方に積極的に参画できる環境づくりが必要と感じました。

19日には東柏尾の薬神さん、24日には柏尾の愛宕さんにお参りをしてきました。伝統行事を支えていただいています地域の方々に感謝するとともに、これからも地域だけでなく神河町の魅力の一つとして続けてほしいと感じました。薬神さんは厄払い、愛宕さんでは今年も「火渡り」をさせていただき無病息災を祈願してまいりました。

2月19日 薬神さんの写真

2月19日 薬神さん

2月24日 愛宕さんの写真

2月24日 愛宕さん

23日から24日には、スキー場「峰山高原リゾート ホワイトピーク」でプリンサミットが開催され多くの来場者で賑わいました。来場者数も24日現在43,000人(前年比85%)と2ndシーズンとして年明けから順調に推移しています。また、スキーバスでは着実にインバウンド(訪日外国人観光客)も増えておりまして、ホテルの入込客と合わせて、阪神間からのアクセスの良さや初心者・家族向けのコンセプトなど、このスキー場の持つ利点を最大限活用しながら、更に来場者の満足度アップを図ってまいります。

2月23日・24日 峰山プリンサミット2019の写真

2月23日・24日 峰山プリンサミット2019

24日には、生活支援協議体推進フォーラムinかみかわ「広げよう!ささえ愛 つながり愛」と題して、地域の支え合いの仕組みとして協議体の実践発表会が開催されました。本村区、大山区、越知区の3つの協議体から実践発表があり、地域の課題に対しできることからの取組みや救命・救急安心カプセルの取組みなどが紹介されましたが、まずはみんなが集まることがスタートだと感じました。

また、2月3日に開催されました2019日本室内陸上競技大阪大会中学校60メートルハードルの部で優勝された神河中学校2年生の藤原かれんさんや、日本武道振興会チャンピオンカップ空手道小学3年女子の部で優勝された神崎小学校の垣内蓮さんに表敬訪問を受けました。引き続き、神河町の子ども達のための環境整備に向け精一杯取組んでまいります。

さて、3月1日から22日間の日程で3月議会定例会が開催されます。平成31年度の重点施策は、(1)地域創生、(2)公立神崎総合病院北館改築工事、(3)第2次長期総合計画の推進に加え、引き続き区要望事業の推進であります。
地域創生事業は5カ年計画の最終年度であり、引き続き「交流から定住」につながる仕組みづくりや仕事づくりと情報発信を強力に進めていき、重要事業評価指標の目標実現に向け全力で取組んでまいります。
病院北館改築事業につきましては、地域の中核病院として、平成31年度末の中館と南館の内装工事含め新北館の全体完成を目指します。
そして、“ハートがふれあう住民自治のまち 大好き!私たちの町 神河”のまちづくりのビジョンのもと作成されました第2次長期総合計画を推進してまいります。

3月に入りますと各地で春を感じられるイベントが開催されます。是非ご参加いただき、神河町の春の訪れを肌で感じていただきたいと思います。

結びになりますが、暦の上では春といいながら、寒暖の変化が大きく、空気が乾燥してまいります。3月1日から春季全国火災予防運動が始まります。火の元と体調管理には十分ご留意いただきましてお過ごしくださいますようお祈りをし、3月のごあいさつとさせていただきます。

かみかわ桜の山 桜華園の桜の写真

かみかわ桜の山 桜華園の桜(平成30年3月の画像)

Message from Mayor in March, 2019

The mornings and evenings are still cold. But I can feel the Spring sunshine. How are you?

On February 2 Kanzaki General Hospital’s North Building construction was finished and a private viewing was held. Hospital rooms, surgery and medicine dispensing rooms have begun operating in this building. Furthermore, from April this hospital will have Dermatology and Gynecology specialists from Kobe University Hospital visit once a week.  This hospital is becoming the area’s main health hub.

On February 8 102 second grade students from Kamikawa Junior High School took part in the 4th “Dreams for Kamikawa” project. Due to the current state of Kamikawa Town, we need to work on regional creation. Students discussed what kind of town they want to have. On March 12 we are looking forward to hearing from the students.

On February 11 the Human Rights Lecture was held. The speaker was a commentator from a Kansai area morning TV program, Ms Taniguchi Mayumi. She is an associate professor at Osaka International University. She discussed how more female representation is needed at work and emphasised that more than 30 per cent of business meetings need to be attended by women. Men and women together need to have equal responsibilities in society, and we need to be more assertive to reach this goal for the world. I agree with Ms Taniguchi’s sentiments.

On February 19 Kamikawa Town’s Higashi Kashio ward’s Yakujin Shrine had its festival with Kashio ward’s Atago Shrine festival following on February 24. We thank the locals for holding traditional events at the festivals.

From February 23 to 24 there was a “Pudding Summit” competition held at Mineyama Kogen ‘White Peak’ and many participants came. Up till February 24, the ski resort had seen 43,000 visitors (85 per cent of last year’s attendance). Many people came for the second season which is pleasing. Also, more foreign visitors are using the ski bus.

On February 24 the life support forum was held in Kamikawa Town. Three ward representatives spoke at the event. The wards discussed their efforts towards life savings and first aid capsules for first responders.

Also on February 3, I met Kamikawa Junior High School second year Ms Fujiwara Karen. She was crowned the national 60 meters hurdles champion at the Junior High School championships. I also met Japan’s karate championship cup winner, Kanzaki Elementary School third grade student Ms Kakiuchi Ren. I will do my best to support the town’s youth in their endeavours.

From March 1 to 22 the town’s general assembly will hold meetings. Next fiscal year’s policies include regional creation, Kanzaki Hospital’s North Building renovations, and the second “plan” for Kamikawa Town long-term.

We are coming to the end of the five-year plan. We will continue to work toward our aims of improving this town so the youth and new residents want to stay and live here.

The renovations of the North Building, Central and South buildings of the Kanzaki Hospital will go until next March.

March has many Spring events. Please participate in some Kamikawa Town Spring events.

In conclusion, the calendar says Spring has begun but the weather is fluctuating and the air is still dry. From March 1 the National Spring Fire Prevention campaign will start. Please watch for fires and your health.

このページに関するお問い合わせ先

町長部局 総務課

所在地: 〒679-3116 兵庫県神崎郡神河町寺前64番地(神河町役場本庁舎2階)

電話番号: 0790-34-0001 ファックス番号: 0790-34-0691

お問い合わせフォーム