ページの先頭です
メニューの終端です。

平成31年2月のメッセージ(英語表記あり)

更新日:2019年2月1日

ページID:1095

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

動画でもご覧いただけます。

平成31年2月のメッセージ

今年のスタートも、桜華園の元旦登山から始まりました。快晴のもと美しく輝きながら昇っていく「ご来光」を参加者全員で迎えることが出来ました。平成最後の年、亥年、年男!今年1年、引き続き町政発展のために最善を尽くすとともに、ご来光のごとく、更に輝きを放つ神河町を目指す決意をいたしました。

さて、かねてより強い要望がありました、乗り降りが楽なノンステップバスの運行がスタートしました。町花「さくら」や町木「もみじ」の季節感とカーミンとともに神河町をPRできるラッピングとなっていますので、是非ご乗車ください!

13日には、神河中学校3期生、117名の皆様が成人式を迎えられました。当日は97名の参加があり、若さあふれる式典となりました。久しぶりの同級生、そして恩師との再会に会場は笑顔、笑顔で溢れていました。今後一人ひとりが自らの志に向かってそれぞれの道を歩んで行かれますが、人と人との繋がりを大切に、その輪を更に広げていただきたいと思いました。

カーミンバスの写真

カーミンバス

1月13日 成人式の写真

1月13日 成人式

1月13日 成人式の写真

1月13日 成人式

同じく13日にはグリーンエコー笠形におきまして「とんど祭り」が開催されました。神崎天満宮の神事の後、高さ10mもある「とんど」が焚き上げられました。ぜんざいと甘酒が冷え切った身体を温め、最後は「餅まき」など大変多くの方々で賑わいました。暖かい火に当たりながら心静かに町民皆様が今年1年、無病息災で過ごしていただけるよう祈願いたしました。

16日には、井戸敏三兵庫県知事が記者会見で、被災地で支援にあたる災害ボランティアに対し、交通費などを助成する恒久的な制度をつくる方針を示されました。
この制度は、昨年8月に神河町ハート大使に就任いただきました加納出身の兵庫県ボランタリープラザ所長 髙橋守雄様が積極的に進めておられます災害ボランティア活動の支援であり、この支援の輪が更に大きくなっていくものと期待されます。引き続き、ハート大使の皆様とともに神河町を盛り上げて行きたいと考えています。

そして、何といいましても神河町が全国レベルになる吉報です。
26日から27日にニッポン全国鍋グランプリが姫路大手前公園で開催され、グリーンエコー笠形が出品した「和牛の柚子とろろすき焼き」が見事グランプリに輝きました。
和牛を贅沢に使ったすき焼きに神河町産の柚子と自然薯をかけ、さっぱりと味わえる鍋です。今回は全国28都道府県、60団体が出店する中で頂点に立ちました。これにより2020年に開催される全国鍋グランプリ「グランドチャンピオン大会」の出店も決定!皆様是非一度ご賞味ください。そして、神河町一つになって盛り上げてまいりましょう!

1月26日・27日 ニッポン全国鍋グランプリの写真

1月26日・27日 ニッポン全国鍋グランプリ

27日には、第44回神河マラソン大会が雪のため中止になりました。約500人のランナーの皆様の健脚と、昨年の都大路を走られた西脇工業高校や須磨学園高校の駅伝選手の皆様が走られる姿を楽しみにしておりましたが、大変残念でした。出場を予定されていましたランナーの皆様、大会準備に関わって頂いた皆様、来年もどうぞ宜しくお願いいたします。

2月に入りますと、3日には扁妙の滝ウォーキング、8日には中学2年生への夢を叶える事業、11日には人権啓発講演会、23日はシニアカレッジ芸能発表会、そして24日には生活支援協議体推進フォーラムが開催されます。この生活支援協議体推進フォーラムは初めての取り組みで、3つの協議体の発表もあり、これからの地域づくりの参考になりますので、多くの皆様の参加をお願いいたします。
また、神河町観光協会が「第18回かみかわフォトコンテスト」の作品募集をされています。ぜひ、「これぞ!神河町」と思えるベストショットをご応募ください。

結びになりますが、本当に厳しい寒さと乾燥した天気が続いており、インフルエンザも大流行しています。手洗いや十分な休養とバランスの取れた栄養摂取で体調管理を充分行っていただきお過ごしくださいますようお願い申し上げ、2月のごあいさつとさせていただきます。

2月3日 扁妙の滝ウォーキングチラシの画像

2月3日 扁妙の滝ウォーキングチラシ

Message from Mayor in February, 2019

I started this year mountain climbing in Oukaen. The sun rose in clear weather with the beautiful sunshine welcoming us all. It’s the last year of the Heisei Era and the year of the Boar. The year of the Boar is my birth year. I will continue to do my best in order to further develop our town this year. Like the sunrise I saw on New Year’s Day, I aim to make Kamikawa Town shine more brightly than ever.

By the way, the easy access non-step bus which there was a strong demand has started. It’s the lapping bus which can publicize Kamikawa town with the town flower “cherry blossoms” and the town tree “maple” as well as town mascot “Kamin”. Please hop on the bus!

On January 13, 117 former Kamikawa Junior High School students reached the Coming-of-Age Ceremony. 97 people participated on the day, and the ceremony was youthful and joyous. Seeing old school friends and teachers again filled many people with happiness. I thought that I would like you to cherish the connection with people and expand their connection.

Also on January 13, there was a “Tondo Festival” at Green Echo Kasagata. The 10 meter high “Tondo” sacred bonfire was lit. Zenzai and Amazake warmed up the chilly participants. To finish, mochi was thrown and many people participated. In front of the warm fire, I prayed for a year free of sickness and disasters for all.

On January 16, Hyogo Prefecture Governor, Mr Ido Toshizo made a speech and announced support for covering travelling expenses for people who volunteer at times of disasters. Last year in August, Mr Takahashi Morio, the head of the Hyogo Volunteer Plaza Association, was given the title of Kamikawa Town Heart Ambassador. Mr Ido’s policies will support Mr Takahashi and his Association.

Also, there is some positive national news for Kamikawa Town. On January 26 - 27, the Nippon Nabe Grand Prix 2019 was held in Himeji’s Otemae Park. From Green Echo Kasagata in Kamikawa town, wagyu beef with yuzu and yam “Sukiyaki” was sold. “Sukiyaki” using wagyu beef in luxury alongside Kamikawa’s yuzu and yams made for a refreshing taste. This time, 28 different prefectures with 60 different groups participated with Kamikawa Town coming out on top. By being champions, the Kamikawa town will take part in the 2020 competition. Please try this “Sukiyaki” nabe! Also, let’s see Kamikawa Town’s popularity rise!

On January 27, the 44th Kamikawa Marathon was cancelled due to snow. To all those who wanted to run and helped prepare for this event, we hope to see you next year.

The events for February are as follows:

  • February 3: Henmyo waterfall walking.
  • February 8: Children’s Dream Fulfillment Project to Kamikawa Junior High School second graders.
  • February 11: Human rights awareness lecture.
  • February 23: Senior college entertainment performance.
  • February 24: Life support forum.

This is the first life support forum going to be held and three different committees will speak. We hope many participants will attend the forum.

Also, the 18th Kamikawa Photo Contest is beginning to accept submissions. So please send in your best shots.

The air is extremely dry and cold and influenza is spreading. Please practice good hygiene and take care to eat healthy during this season.

このページに関するお問い合わせ先

総務課

所在地: 〒679-3116 兵庫県神崎郡神河町寺前64番地(神河町役場本庁舎2階)

電話番号: 0790-34-0001 ファックス番号: 0790-34-0691

お問い合わせフォーム