ページの先頭です
メニューの終端です。

平成30年4月のメッセージ(英語表記あり)

更新日:2018年4月1日

ページID:838

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

動画でもご覧いただけます。

平成30年4月のメッセージ

ピノキオ館では木で出来たお雛様がたくさん飾られ、桜前線も一気に北上して春爛漫の今日この頃ですが皆様にはいかがお過ごしでしょうか。

3月も神河町では多くの賑わい作りが開催されました。

7日には、道の駅「銀の馬車道・神河」で日本遺産「銀の馬車道と鉱石の道」つながる金・銀・銅文化プロジェクトとして彫刻家荻野弘一氏による神河町産の花岡岩等を使い、行き交う馬車の様子を切り出した石造アート作品のお披露目式。

3月7日アート作品完成お披露目式の写真

3月7日 アート作品完成お披露目式

11日には、「峰山高原リゾート ホワイトピーク」が初年度の営業が終了をしました。総来場者数は6万人を超え、大いに賑わいを見せました。

17日には、春の日差しが注ぐ中「かみかわ銀の馬車道まつり」が開催され、30店舗以上の出店をいただくとともに音楽ステージイベントなど多くの人で賑わいました。

21日には、寺前駅前で「カーミンの春まつり」が開催されました。あいにくの雨模様の中でスタートしましたが、会場に集まった皆様の思いが通じ、カーミンとの楽しいステージイベント等が繰り広げられました。また、テレビでも放送されました「まるしいたけ」が販売されるなど、来場者は大いに楽しまれました。

25日には、多くの出店者の協力の下、道の駅「銀の馬車道・神河」春祭りが開催され、駐車場も満杯状態が続くなど賑わいを見せました。この人の流れを、中村・粟賀町の歴史的景観形成地区に広げていき、銀の馬車道エリアの地域活性化につなげていかなければなりません。

3月17日かみかわ銀の馬車道まつりの写真

3月17日 かみかわ銀の馬車道まつり

3月21日カーミンの春まつりの写真

3月21日 カーミンの春まつり

3月25日道の駅「銀の馬車道・神河」春祭りの写真

3月25日 道の駅「銀の馬車道・神河」春祭り

そのような中、9日には、国の文化審議会において、神河町で初めて旧難波酒造を、登録有形文化財(建造物)に指定するよう文部科学大臣に答申しました。旧難波酒造は、旧但馬街道の宿場町にある幕末から酒造業を営んだ商家で、銀の馬車道街道筋、中村・粟賀町の歴史的景観形成地区にまた1つ大きな宝ものが加わりました。

23日には、平成29年度優良集落営農表彰式が、神戸市の兵庫県農業共済会館において開催され、株式会社中村営農が兵庫県知事賞を見事に受賞されました。永年の功績が認められたことに改めてお祝いを申し上げますとともに、神河町の営農のトップリーダーとしてこれからも活躍されることをご祈念申し上げます。

また3月は、神河中学校、町内幼稚園、町内小学校、町内保育所の卒業および修園式が行われました。健やかに成長した子ども達の姿を目の前にして、「ふるさとを愛し、こころ豊かで 自立した神河町のひとづくり」に向けた取組みをさらに推進していくことを強く感じました。

さて、23日閉会いたしました神河町議会3月定例会には、人事案件・条例改正、平成29年度各会計の補正予算、平成30年度各会計予算および承認など計54件を提案させていただきました。
とりわけ、補正予算では昨年閉店しました寺前駅前「又衛門」の跡地活用としての土地建物購入費や大河内高原整備費の増額。また平成30年度予算の重点施策としての、(1)地域創生事業、(2)公立神崎総合病院北館改築工事、(3)神崎エリア光ケーブル化事業に加え、引き続き各集落要望事業の推進を中心に、本会議並びに各委員会を通じて慎重審議の結果、すべての案件においてそれぞれ可決・承認いただきました。
神河町の喫緊の課題は何と言いましても、実行3年目となります地域創生総合戦略事業の強力な推進にあります、そしてそのキーワードとしては「交流から定住」であり、具体的政策としての人口減少対策、国際交流・インバウンド、貸し工場等企業誘致、子ども子育て支援・高校生までの医療費無料化、高齢者・障がい者福祉。柏尾団地改築、町道作畑新田線等の基盤整備の推進、そして粟賀小学校跡地活用PFI事業の方向性等など。
改めて、「地域創生」とは!官民連携、すなわち「産・官・学・金・労・言」の連携と協働により人口減少対策・地域活性化、そのために県・国との協議により過疎債あるいは辺地債等各種事業を有効活用し更に元気な神河町を創造してまいります。

また地域経済の活性化につきましては、昨年オープンいたしました道の駅「銀の馬車道・神河」や「峰山高原リゾート ホワイトピーク」に多くの方で賑わいを見せたところでございますが、今後は、インバウンド戦略はじめジップラインなどの新たなアトラクション、オートキャンプ・グランピング、星空観察等々、春夏秋冬四季を通じた来場者満足度アップの為の仕掛けづくりとこの人の流れを、神河町全体に広げられるよう町商工会と連携しながら取組んでまいります。
さらに、農業の再生では、法人化する「アグリイノベーション神河」をはじめ、各集落営農組織との更なる連携を深めるとともに、今後は「まるしいたけ」事業と結びつくことで循環型農業を推進していけるものと期待しております。
そして本年度には、「長期総合計画」を神河町のこれから10年のみならず50年先を見越して作成に取り掛かり、住民皆様の幸福度を高められるよう多くの意見を聞きながら取りまとめていきたいと考えております。

「まるしいたけ」の写真

「まるしいたけ」

平成30年度がスタートいたします。4月1日の午前6時30分から、全国のコンビニエンスストアにおいてマイナンバーカードを利用した住民票や印鑑証明書などの取得が可能になるとともに、コンビニ収納もあわせて開始します。引き続き行政サービスの質の向上に努めてまいります。
また、4月から11月の期間において土日および祝日だけとなりますが、峰山高原へコミュニティバスの乗り入れを開始します。多くの皆様もご利用をお願いしたいと考えています。
1日は神河町消防団初出式並びに入退団式が開催されます。桜前線とともに町内の小学校・中学校、幼稚園・保育所などで入学式が挙行され、新しい制服やランドセル等に身を包んだ新入生が新しい門をくぐります。初々しい姿に目を細めながらも地域創生実行3年目のスタートと合わせて身を引き締めていきたいと考えています。
また、7日から8日には桜華園でさくらまつりが、15日には越知川名水街道“春物語”、グリーンンエコー笠形春まつりは同時開催されるなど春の賑わいが感じられるようになってきますので、神河町の魅力探しに出かけていただきますようお願いいたします。
さらに17日告示、22日投開票の予定で神河町議会議員選挙が執行されます。町行政のチェックや助言・提言の機能として議会議員の役割はより大きくなってきているものと考えていますので、有権者の皆様には投票所に足を運んで頂きますようお願い申し上げます。

結びになりますが、まだまだ寒暖の変化が大きく、体調管理には充分ご留意いただきながら、これからも暖かくなる好季節を健やかにお過ごしいただきますようお祈りをし、4月のごあいさつとさせていただきます。

4月15日越知川名水街道春物語チラシの写真

4月15日 越知川名水街道春物語チラシ

Message from Mayor in April, 2018

In the Pinocchio-kan, there are a lot of Girls’ Festival wooden dolls decorating the building. The cherry blossoms are fully bloomed and Spring is in the air.
How are you?

Many events were held in Kamikawa Town in March.

On March 7, at the roadside station “Gin no Basyamichi, Kamikawa”, a “Gold, Silver & Copper” project was held. A granite stone artwork was unveiled. Sculptor Koichi Ogino carved this piece to capture the art of horse-drawn carriage movement.

On March 11, Mineyama Kogen Resort “White Peak” closed for the first winter season. The number of total skiers surpassed 60,000 people.

On March 17, the Kamikawa Old Silver Mine Carriage Road Festival was held. The weather was great and more than 30 stalls were trading. Many people came and there were many performances.

On March 21, Kamin’s Spring Festival was held in front of Teramae Station. It was raining. However, the attendees had a good time at the festival watching performances with Kamikawa Town’s mascot Kamin. In addition, the “Marushitake” mushroom, which was broadcasted on TV, sold out on the day. It was very popular.

On March 25, many businesses in town opened for the roadside station “Gin no Basyamichi, Kamikawa” Spring Festival. The parking lots were very full. I hope the attendees will enjoy visiting the historical districts of Nakamura and Awagamachi in the future.

In other news, the town requested for former Namba Sake brewery, located in Kamikawa Town, to be registered as a Japanese cultural property on March 9. The history of the building is from the late Edo period, with a merchant family running the business.

On March 23, a farming award ceremony was held in Kobe. Nakamura Farming Co., Ltd won the Governor of Hyogo prize. This is long-deserved recognition. I hope that Kamikawa’s farming industry remains a dominant force in the sector.

In addition, Kamikawa Junior High School, the kindergartens, elementary schools and the nursery schools had their graduation ceremonies. All ceremonies were very moving events. I felt that I must make sure these young people come to love their hometown and become independent, broad-minded people.

Town business meetings closed on March 23. Particularly, we focused on land purchase costs and the Okawachi Heights maintenance costs. We also discussed plans for the former Mataemon supermarket building in Teramae.
Further town planning, such as other town redevelopment projects, the Kanzaki General Hospital North Building Reconstruction and the Kanzaki area optical cable project are key measures for the 2018 budget. These plans have been carefully deliberated and approved.
Kamikawa Town’s revitalization project is in its third year. The population decline countermeasures, international exchange, business revitalization, medical support, childcare, elderly and disability support are the broad focuses of the project. Other plans include the Kashio housing complex, road maintenance and the redevelopment of the former Awaga Elementary School site.
What are the biggest challenges facing Kamikawa Town? We are planning to counter the population decline and revitalize the community through cooperation and collaboration of public and private corporations. We need to work together to face these challenges alongside Hyogo Prefecture and the rest of Japan.

Last year, the roadside station “Gin no Basyamichi, Kamikawa” and Mineyama Kogen Resort “White Peak” opened. The town was very busy. We are hoping to increase the patronage throughout all four seasons in Kamikawa. New attractions in town, such as the zip lines, glamorous camping and the starlit sky observation will hopefully draw more visitors to town.
Furthermore, we need to reform the agricultural activities in town. Each farming company needs to work together towards agricultural innovation. We are trying to make out agricultural sector more sustainable.
Finally, we are developing a 10-year and 50-year long-term plan to further benefit the town’s residents.

The new Japanese fiscal and school years have begun.
From 6:30am on April 1, convenience stores around the country now provide residents with a copy of their government information using their My Number card. Therefore, Kamikawa Town’s services need to adapt to this new service.
In addition, community buses will go to Mineyama Heights on weekends and holidays periods from April to November.

Kamikawa Town’s firefighters held and entrance and graduation ceremony on April 1. Entrance ceremonies will be held for the elementary schools, junior high school, kindergartens and nursery schools during the cherry blossom season. The new pupils are starting their new school life.

On April 7 and 8, there will be the Cherry Blossom Festival at the “Okaen”. On April 15, there will be many events held along Ochi River for the “Spring Story Festival” and at Green Echo Kasagata. Please head out to these events.

Kamikawa’s congressional elections will be held on April 22, with the official campaign starting on April 17. The role of the congress is large as it functions as a check on the town administration's business and more. Please vote for qualified voters.

With the changing weather, please take care of your health and enjoy the Spring season.

このページに関するお問い合わせ先

総務課

所在地: 〒679-3116 兵庫県神崎郡神河町寺前64番地(神河町役場本庁舎2階)

電話番号: 0790-34-0001 ファックス番号: 0790-34-0691

お問い合わせフォーム