ページの先頭です
メニューの終端です。

福祉医療制度と対象者のご案内

更新日:2021年11月2日

ページID:213

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

福祉医療

福祉医療費助成制度には、高齢期移行者・重度障害者・乳幼児等・母子家庭等・高齢重度障害者の各医療費助成制度があります。各制度の内容は次のとおりです。申請は、本庁住民生活課、神崎支庁舎で行ってください。

高齢期移行者医療費助成制度

対象者 

65歳以上69歳以下で一定の所得以下を基本として、身体的理由等により日常生活に支障がある特別な配慮が必要な方

区 分  

負担
割合

自己負担限度額(月額)

 所 得 制 限

外 来

入院等

低所得者1

2割

8,000円

15,000円

市町村民税非課税世帯で、世帯全員に所得がない方

(年金収入80万円以下かつ所得なし)

低所得者2  

2割

12,000円

35,400円

市町村民税非課税世帯で、本人の年金収入と年金以外の所得の合計が80万円以下であり、かつ日常生活動作が自立していないとされている方(要介護2以上)

重度(高齢重度)障害者医療費助成制度

対象者

 身障手帳1級・2級の方 療育手帳A判定の方
 精神障害者保健福祉手帳1級の方

高齢重度障害者医療費助成制度は、後期高齢者医療に加入されている方

区 分

自己負担金 

所   得   制   限

外 来

入 院

一  般

600円

2,400円

本人、配偶者、扶養義務者の市町村民税所得割税額の合計額が23.5万円未満の方

低所得者

400円

1,600円

受給者と同世帯の全員が市町村民税非課税者で、かつ、年金収入と年金以外の所得の合計が80万円以下の方

※外来は、1医療機関ごとに月2回までの個人負担額。入院は、定率1割負担で1月の上限金額を表示。

※長期入院(連続して3か月を超えた場合)は、4か月目以降の自己負担金はありません。

※70歳から74歳までの方は、必ず高齢受給者証と限度額認定証(限度額を上回る場合)を併せて提示してください。

※精神疾患の入院・通院の治療については、この受給者証は使えません。

乳幼児等医療費助成制度

対象者

 0歳児から高校3年生までの乳幼児・児童等

区      分

自己負担額

所   得   制   限

外   来

入   院

0歳~高校3年生

な し

な し

所得制限なし(※1)

※1 受給資格についての所得制限はありませんが、令和3年1月2日以降転入された方、保護者または扶養義務者が他市町で課税されている場合は、令和3年度所得課税証明書の提出が必要です。

母子家庭等医療費助成制度

対象者

18歳に達する年度末まで、または20歳未満で高校等在学中の児童・遺児とその母、父等監護者

区 分

自己負担金 

所   得   制   限

外 来

入 院

一  般

800円

3,200円

母、父、扶養義務者、または養育者の所得が所得制限内である方(限度額はお問い合わせください) 

低所得者

400円

1,600円

受給者と同世帯の全員が市町村民税非課税者で、かつ、年金収入と年金以外の所得の合計が80万円以下の方

※ 外来は、1医療機関ごとに月2回までの個人負担額。入院は、定率1割負担で1月の上限金額を表示。

※ 長期入院(連続して3か月を超えた場合)は、4か月目以降の自己負担金はありません。 

※助成の内容等詳細は本庁住民生活課にお問い合わせください。

このページに関するお問い合わせ先

住民生活課

所在地: 〒679-3116 兵庫県神崎郡神河町寺前64番地(神河町役場本庁舎1階)

電話番号: 0790-34-0962 ファックス番号: 0790-34-1556

お問い合わせフォーム