ページの先頭です
メニューの終端です。

平成22年3月のメッセージ

更新日:2018年1月10日

ページID:153

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

今年は例年になく過ごしやすい冬でありまして、先週からは一気に春を感じとれますが、町民の皆様にはいかがお過ごしでしょうか。

さて、2月13日の新聞報道で学校給食にカドミウムが含まれた米が使用されたことについて、皆様には大変ご心配をおかけしているところですが、現在、生産・流通した原因について兵庫県、JA等関係機関と調査中であります。
町といたしましては、2月8日の夜に兵庫県体育協会からの連絡により学校給食用の米の一部に農林水産省基準を超えた米が2回使用されていた事実を重く受け止め、人体への影響について福崎保健所で内容を検討していただいたところ「食品衛生法の基準値以下の含有量であることから健康への影響はない。」との判断を頂戴しました。
同時に、2月9日以降、基準を満たした安全な米を確保し対応していることと、今後の学校給食については安全安心な食材の確保を徹底していくことを、保護者の皆様には、2月10日に学校を通じて報告をさせていただきました。さらに、兵庫県体育協会に対しては再発防止に向けての安全安心な食材の供給を強く要請しました。
また、この間、神河町議会、区長会、農会協議会に対しても状況を報告し、情報の共有に努めさせていただきました。
とりわけ、神河町での公害防止対策事業につきましては、国の基準、国県の指導により平成10年度をもって完了しているところであり、その中での神河町産米であったということを重く受け止め、農会協議会につきましては、緊急に召集させていただき、状況報告と共通認識をしていただくとともに、原因の究明と一日も早い兵庫県等による「安全宣言」を求めていくことと、今後の生産対策について議論を深めさせていただきました。

今後の生産対策については、カドミウムを抑制する効果がある栽培方法として、穂が出る前後3週間程度水をためて生育させる湛水栽培にすべての農家で取り組んでいただき、安全で安心な神河町産の米の生産に努力していただきたいと考えております。
また、流通対策についても検査体制等を見直し、安全管理を徹底していきたいと考えています。
いずれにしましても、繰り返しになりますが、兵庫県の調査結果をふまえ、一日も早い解決を図るために全力で取り組んでまいりますので、皆様方のご理解とご協力を賜りますよう重ねてお願い申し上げます。

次に、3月2日より3月の定例議会が開会されます。この定例議会には平成22年度各会計予算など45件の議案等を提出いたします。平成22年度予算は、一般会計で73億4,800万円となり、その他の会計含めた14会計で総額159億6,300万円となり、平成21年度と比較して0.4パーセントの減となりました。
予算編成にあたりましては、財政健全化はもとより、神河町長期総合計画を軸に経常経費を圧縮し、より一層効果的な財源配分、そして効率的な編成に努めました。
議会は、約1ヶ月にわたって開催され、審議をいただくことになっています。議会傍聴も出来ますので、ご案内させていただきます。

今月は、幼稚園、小学校、中学校の卒業式、やまびこ学園での山村留学修園式が行われます。それぞれの生徒たちの将来が輝かしいものになることと心よりお祈りいたします。

一気に春めいたとはいえ、彼岸を過ぎるまでは冷え込むこともあろうかと思います。皆様には、どうぞ健康にはご留意されますようお願いいたします。
また、3月は特に乾燥しますので、火の元には十分注意くださいますよう重ねてお願いします。

※このメッセージは、神河町ケーブルテレビネットワークの自主放送番組“町長からのメッセージ”から引用しています。

このページに関するお問い合わせ先

総務課

所在地: 〒679-3116 兵庫県神崎郡神河町寺前64番地(神河町役場本庁舎2階)

電話番号: 0790-34-0001 ファックス番号: 0790-34-0691

お問い合わせフォーム