ページの先頭です
メニューの終端です。

平成26年4月のメッセージ

更新日:2018年1月14日

ページID:136

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

ソチオリンピックに引き続き、3月7日から開催されましたソチパラリンピックでは、まさしく「不可能を可能に」したすばらしい演技に魅了され、不屈の努力とそれを支える人たちの絆に感動を覚えました。

3月議会では、提出の38議案および、報告2件の全ての議案について可決・承認をいただきました。予算は、一般会計で83億4,460万円、その他の会計含めた13会計、総額159億4千3百万円余りで、前年比較7.1%増の予算となりました。長期総合計画住民アンケートを踏まえた26年度重点施策、とりわけ人口減少対策として、新婚子育て支援としての家賃補助事業、低家賃住宅の建設などを中心に、しっかりと取り組んでまいります。

21日には、播磨を拠点に活動する女子サッカーチーム「ASハリマ アルビオン」の激励会をグリーンエコー笠形において開催。スポンサー的支援で23日までのキャンプを誘致。選手・スタッフの練習用ユニフォームに「カーミンワッペン」がつきました。神河町の「カーミン」が、今後、全国各地を駆け巡り、“動く広告塔”として活躍してくれることでしょう。当日は中学校チームの大会にも参加していただきましたが、今後は神崎サッカークラブへの教室指導などへの展開を図ってまいりたいと考えております。

ASハリマ アルビオンの激励会の様子

グリーンエコー笠形でASハリマ アルビオンの激励会が開催されました

23日には、特産の根宇野のゆずを熊本のくま焼酎につけこんだ「兵庫・神河のゆず酒」が出来上がり、限定200本をグリーンエコー笠形で販売開始いたしました。ほのかな香りと甘さが心地よい余韻となって口の中に広がる味わいが好評です。ぜひご賞味いただきたいと思います。

そのほか、商工会連携の「自然薯だしとろろ」に加え、新たに「自然薯とろろ汁」も完成。(株)山田営農の「米粉麺」、根宇野地区の新商品「柚子シロップ」、「柚子ジャム」なども含め品数も増えてまいりました。さらに、26年度では、カーミンのロゴマークの使用を前提にした「かみかわブランド開発支援事業」を制度化し、町を挙げ生産量の拡大、さらには全国発信へのPR等の支援にも取り組むこととしております。地産地消・6次産業化からの雇用拡大につなげてまいりたいと考えております。
また、中村・粟賀町区が、4月1日付で県の景観形成地区指定を受けました。高原、名水さらには歴史にふれあうまちとしてさらに、町並みを生かした賑わいづくりが期待されるところです。

その他、3月も、終園・修業など1年の成長を締めくくる行事はもとより、健康講座、カーミンの春まつり、その他地域行事を含め、さまざまなまちづくり行事が開催されました。
とりわけ、30日には、各支部役員の参加のもとで神河町婦人会の閉会式が執り行われました。大正年代の旧村婦人会の結成から90年余にわたり、地域に根ざした女性団体としてまた、行政を支える大きな力として地域や町の発展にご尽力いただきました。長い間ご支援をいただきました会員皆様方に心から感謝を申し上げますとともに、今後におきましても、自主防災また地域の一員としてまちづくり・地域づくりにご参加・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

さて、4月に入りますと、5日には砥峰山焼き、6日にはグリーンエコー笠形こいのぼりの大空遊泳とともに越知川名水街道春物語、さらに12日・13日には桜華園さくらまつり。また、26日から5月6日の毎日および5月10日から6月29日は土日各1日1便、臨時普通列車「天空の城竹田城跡号」が寺前⇔和田山間で運行され、長谷駅に停車をいたします。

こいのぼり大空遊泳の様子

グリーンエコー笠形 こいのぼり大空遊泳

桜華園さくらの写真

桜華園さくらまつりは4月12日・13日開催予定です

また、森林機能強化と間伐促進について、平成27年度末に運転開始をめざし朝来市に建設予定の木質バイオマス発電所への木材供給による収益確保も視野に、森林経営計画の樹立を進めております。是非ご協力をお願いいたします。

「臨時福祉給付金」および「子育て世帯臨時特例給付金」については、広報でお知らせしておりますとおり、申請および給付方法等が決定次第、お知らせいたします。

早いもので、東日本大震災から3年が経過をいたしました。昨年4月から宮城県山元町へ1年間復興支援のための派遣職員として勤めていただきました、住民生活課 平岡民雄課長補佐が、農業委員会・農地整備担当としての勤めをしっかりと終え、先月末に帰庁してくれました。先月9日に神戸で開催された「震災と心のケアを考えるシンポジウム」にもパネラー出演しその現状について報告をしてくれていますが、役場といたしましても、3日17時30分から、グリンデルホールにおいて職員報告会を開催し、その労をねぎらうとともに被災地の現状について思いを共有することとしています。

終わりになりますが、25年度の特別交付税について、3億円の予算に対し、昨年よりさらに1千万円程度増の5億2千7百万円の交付が確定しました。先日の「軍師官兵衛特別展開会式」の際に井戸知事にお礼を申し上げましたが、「神河町は本当に良く頑張ってくれている。」とのお言葉もいただいたところであります。病院のある自治体ということに加え、各地域の皆様や職員の頑張りを評価していただいたものと大変うれしく思っております。

さて、6日からは春の交通安全運動が始まります。
また、15日告示、20日投開票で神河町議会議員選挙が行われます。私たちの代表(12名)を選ぶ大切な選挙です。また、期日前投票も含めご案内申し上げますが大切な1票をお忘れのないようにお願いいたしまして、これから暖かくなる好季節をどうぞお楽しみいただき、健やかにお過ごしいただきますことをお祈りし、4月のごあいさつとさせていただきます。
ありがとうございました。

このメッセージは、神河町ケーブルテレビネットワークの自主放送番組“町長からのメッセージ”から引用しています。

このページに関するお問い合わせ先

総務課

所在地: 〒679-3116 兵庫県神崎郡神河町寺前64番地(神河町役場本庁舎2階)

電話番号: 0790-34-0001 ファックス番号: 0790-34-0691

お問い合わせフォーム