ページの先頭です
メニューの終端です。

平成24年2月のメッセージ

更新日:2018年1月12日

ページID:133

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

立春とはいえ、まだまだ厳しい寒さが続きますが、皆様にはいかがお過ごしでしょうか。
昨年に引き続き、私の2012年は桜華園元旦登山から始まりました。
1月14日、15日には、各地で一年の無事を祈るとんど行事が行われ、2012年(平成24年)がスタートをいたしました。

さて、先週からの寒波により、グリーンエコー笠形の扁妙の滝が氷結をはじめました。冬の風物詩でもあります氷がつくる自然のオブジェをぜひご覧になっていただきたいと思います。
そして、何といいましても、今年は大河ドラマ『平清盛』です。第1話では、中井貴一さん演じる平忠盛が清盛の名前を決める場面などを熱演。風に揺れる美しいススキの高原が何とも生き生きとした見ごたえのある草原として映し出されていました。
タイトルバックとともに第8話にも登場します。今後さらに大阪、東京でもPRキャンペーンを実施してまいります。また、平成24年度には文化庁の補助事業を活用し、平家の落人集落サミットの開催も検討しながら、神河町の魅力を発信していきたいと考えています。

扁妙の滝が氷結している写真

扁妙の滝/1月31日撮影

穏やかな天候のもと、1月8日には神河町成人式が開催され、男子82名、女子67名の計149名の若者がめでたく成人を迎えました。これからの人生、さまざまなことに遭遇するかと思いますが、人とのつながり、とりわけ同級生のつながり・絆を一生の宝物として、しっかりと生きて欲しいと思います。
改めて、心からのお祝いを申し上げますとともにぜひ、神河町を生活の拠点として活躍していただきたいと願っています。

そして、29日には、第37回神河マラソン大会が子どもから大人まで500名を超える方の参加を得て、盛大に開催されました。恒例となりました西脇工業高校、須磨学園高校の招待選手たちとともにすがすがしい汗を流しながら健脚を競いました。赤十字奉仕団の温かい豚汁サービスもあり、参加者は心身ともにあたたまったのではないでしょうか。
大会を支えていただいた学校、体育協会をはじめとする各構成団体並びに周辺地域の皆様にはコース警備など安全な大会運営にご尽力をいただきましたこと厚くお礼申し上げます。

神河マラソン大会の様子

ゴール目指して走りました/神河マラソン大会

2月も5日には消費者大会、11日には人権啓発講演会、新田ふるさと村雪だるまフェスタ、12日には文芸祭、25日には高齢者大学芸能発表会と文化財シンポジウムなどさまざまな交流イベントが開催されます。また、16日から3月15日までの期間で確定申告がはじまります。職員が各地域会場で受付けを行いますので、お忘れのないようお願いいたします。

さて、国においては、24日から通常国会が召集されています。東日本大震災からの復興と国民生活の安定、少子高齢化が加速する中での財政健全化。そのための社会保障と税の一体改革が最大の争点となっています。
一方、先月末に財務省が発表した2011年の貿易統計では、日本の貿易収支は、第2次石油危機の1980年以来31年ぶりの赤字となりました。モノの輸出で経済成長を遂げてきた日本の成長モデルが歴史的な曲がり角にきたともいえる状況となっています。その中で緻密なものづくりなど顧客の視点に立った新しい産業や雇用を伸ばす循環システムの構築が必要となります。
その意味での地産地消・農林・商工・観光連携の地域循環システムや6次産業化の研究推進等の取り組みは大変重要であると考えています。

25日には神河町議会第46回臨時会において、このたびの職員不祥事における監督者責任としての町長・副町長給与の減給措置をはじめ、学校建築工事内容の一部変更にかかる補正予算等全ての議案についてご承認をいただきました。
また、昨年の台風災害復旧工事については、昨年末より順次工事発注し、復旧に努めておりますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

結びになりますが、まだまだきびしい寒さが続き空気が乾燥しています。また、インフルエンザが流行しているようです。手洗い、うがいの励行をはじめとして、健康には十分ご留意いただきましてお過ごしいただきますようお祈り申し上げます。

※このメッセージは、神河町ケーブルテレビネットワークの自主放送番組“町長からのメッセージ”から引用しています。

このページに関するお問い合わせ先

総務課

所在地: 〒679-3116 兵庫県神崎郡神河町寺前64番地(神河町役場本庁舎2階)

電話番号: 0790-34-0001 ファックス番号: 0790-34-0691

お問い合わせフォーム