ページの先頭です
メニューの終端です。

平成24年10月のメッセージ

更新日:2018年1月12日

ページID:101

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

日中国交正常化40周年の今年、尖閣諸島問題から日中関係が深刻化する事態となっています。格差社会に対する若者の不満や日系企業の輸出入品に対する中国当局の通関検査の強化、日本製品への不買運動など、両国経済への影響を強く懸念するところであります。
中国は日本にとっての最大の貿易相手国であることからも、両国政府間の対話により、速やかな平和的解決を強く望むところであります。

9月28日に閉会した神河町議会9月定例会は、平成23年度各会計の決算認定をはじめ、平成24年度一般会計補正予算など全ての議案について承認をいただきました。
とりわけ、平成23年度決算では、実質公債費比率は19.7%と前年より1.5ポイント改善、将来負担比率も82.4%と前年より25.8ポイント改善するなど、町民の皆様のご協力により目標の平成26年度実質公債費比率18%未満の達成に向け、着実に改善できました。

8日に開催をされた『ひとり暮らし高齢者のつどい』では、元気なお年寄りに出会うことができ、また、『認知症講演会』では、会場いっぱいの来場者で関心の高さに驚きました。あらためて、介護と生きがいづくりについて考えさせられた一日でした。
第8回目となる『かみかわ木造インターンシップ』は、作畑地内で上垣内バス停の建設に取り組んでいただき、木の香る立派なバス停ができあがりました。
21日には、食のすばらしさを追い求め、農山村を応援する社会貢献活動としてのむらびらきイベントが開催され、岡野食品産業(株)、(学)みかしほ学園、関係集落、そして町、いわゆる産・官・学そして地域による活動連携協定書の締結を行いました。今後、さらに6次産業と地産地消からの特産品づくりを進めてまいります。
22日には晴天の下で小学校運動会が開催され、閉校となる大山、粟賀、南小田の各小学校では140年の歴史に幕を閉じる最後の運動会となりました。それぞれ思い出に残る演出も行われ、多くの校区・地域の皆様と最後の運動会を楽しみました。
その他、美術展、映画会、敬老会、また、29日には高原の魅力を求めてin KAMIKAWAを開催。夜には、砥峰高原観月会。もりだくさんのイベントを存分に楽しまれたのではないでしょうか。

10月6日からは、砥峰高原直行バスも運行、また各旅行会社によるロケ地めぐりバスツアーなども企画されており、各観光施設ともさらに連携を強めながら、神河町を1日たっぷりと楽しんでいただける取り組みを進めてまいります。
また、空き家利活用の取り組みも平成18年度以降67軒に及ぶ成約があり、町外からの転入も増えています。

神河町の将来像を示す長期総合計画は、今年で策定から6年目の中間年になります。そこで、今後6年間の計画改定を行うにあたり、町内にお住まいの20歳以上の方2,000人を無作為抽出させていただき、アンケートを実施します。区長様を通じ配布しますので、ご協力をお願いします。

最後になりますが、かねてからケーブルテレビ事業について運営方法の改善を検討してまいりましたが、10月から自主放送番組の制作について一部業務委託を開始します。今後、さらに効率化に向け研究を進めてまいりますので、ご理解いただきますようお願いいたします。

10月もススキ祭り、まっせまつり、地域の秋祭りなど各種イベントが満載です。台風17号の進路も大変気になるところですが、災害対策はもちろん、朝夕の気温の変化に十分ご留意いただきながら、さわやかな秋のイベントをお楽しみいただきますようお願い申し上げます。

※このメッセージは、神河町ケーブルテレビネットワークの自主放送番組“町長からのメッセージ”から引用しています。

このページに関するお問い合わせ先

総務課

所在地: 〒679-3116 兵庫県神崎郡神河町寺前64番地(神河町役場本庁舎2階)

電話番号: 0790-34-0001 ファックス番号: 0790-34-0691

お問い合わせフォーム