ページの先頭です
メニューの終端です。

平成27年7月のメッセージ

更新日:2018年1月15日

ページID:38

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

6月17日、選挙権年齢を「20歳以上」から「18歳以上」に引下げる改正公職選挙法が参議院本会議で全会一致で可決・成立いたしました。終戦の1945年に「25歳以上」から「20歳以上」に引下げて以降、70年ぶりの改正となります。若者の政治参加のためには、学校現場を通じた主権者教育の充実が鍵となりますが、このことにより新たに240万人が有権者となります。
一方、政府・与党は、会期を9月27日まで延長を行い、安全保障関連法案の確実な成立をめざしていますが、「集団的自衛権の行使を可能とする法案」に対し、衆議院憲法審査会で与党側を含む3人の参考人全員が「違憲」認識を表明したことも含め、法案への違憲批判は収まらず、世論の理解が得られるかが焦点となっています。戦後70年、日韓国交正常化50年、いろいろな意味で節目の年であります。世界に誇る平和憲法を有する日本が、平和の歴史をしっかりと積み重ねていく道筋を築いてほしいと切に願うところです。

さて、14日に町制10周年記念事業第1弾として実施しました、NHKラジオ体操・みんなの体操会は、天候にも恵まれ、早朝にもかかわらず町内各地から、1,600名を越える皆様にご参加いただきました。お子様からお年寄りまで、真剣なまなざしでの取組みや、2世代、3世代のほのぼのとした姿も見せていただきました。「カーミン体操」の初披露や、食育ボランティアの皆様による「おにぎりと野菜たっぷりのお味噌汁」では、幸せ感一杯になりました。運営スタッフをはじめ、ご協力いただきました全ての皆様に心から感謝申し上げ、引き続き、ラジオ体操から健康づくり、地域づくりの輪を広げていきたいと思います。

食育ボランティアの様子

「食育すすめ隊」の皆様が準備したおにぎりと味噌汁が配られました

20日に開催された町子ども会球技大会では、少子化の影響で競技参加にもご苦労いただいておりますが、ソフトボールに5チーム、バレーボールに13チームが参加、子どもたちの真剣な表情とともに一緒になって熱い声援を送る関係者の姿が印象的でした。ソフトボールの吉冨、越知谷連合、バレーボールの寺前、中村の各子ども会には郡大会でも是非頑張ってほしいと思います。

28日に開催された神崎郡消防操法大会においては、ポンプ自動車の部において、南小田分団が優勝、小型動力ポンプの部においては、作畑新田分団が準優勝されました。誠におめでとうございます。地域の防火防災のため、日夜ご尽力いただいておりますすべての分団員の皆様に重ねて感謝申しあげます。

さて、今年のほたる祭り13日の犬見川・中村、20日のこっとん亭、27日の新田ふるさと村は、天候にも恵まれ、多くの来場者で賑わいました。また、例年以上にたくさんのホタルが飛び交い、夜店やイベントを楽しんだ後の幻想的なホタルの光は、鮎つり人等とともにまた来年に多くの人々を神河へ誘客してくれることでしょう。

犬見川ほたる祭りの様子

犬見川ほたる祭り

6月議会は26日に閉会し、提出の全ての議案について可決承認をいただきました。一般質問については、4名の議員(様)から、「福祉施策の現状と取り組みに関すること」、「JR播但線を活用した観光施策の推進と特産品づくりに向けた提言」、「町管理河川の管理のあり方とJR播但線の利便性向上策・乗車促進に関すること」、そして「地域創生の取組みへの思い」についてご質問・ご提言等をいただき、現状と課題を明らかにしながら、できることからはじめることと合わせ、物語(ストーリー)を描いていくことで更に具体化が進められること、そのためにも、行政も、地域も住民の皆様も一緒に進んでいくことの大切さを答弁の中で強調させていただきました。
集落別懇談会でも申し上げておりますが、集落の抱える課題解決から集落のあり方やビジネスへの展開など、自分たちの地域の魅力づくりを行う「集落支援員」や「地域おこし協力隊」の取り組みも進めてまいります。

「人権文化のあふれる神河町」に向けて、各地区人権文化推進員222名の方々に委嘱状交付を行いました。今年も、7月4日長谷三つ葉地区を皮切りに、11月まで「地区別人権教室」を、40区38会場で実施させていただきます。お隣近所お声かけいただき、是非ご参加ください。

第10回かみかわ夏まつりは、「祝(しゅく)とおー」をテーマに、花火はドカーンと1500発、みんなで10周年を祝う祭りに向けて準備が進められています。恒例の花火基金、出店、笑顔写真、灯篭ボランティアなど是非ご協力をお願いいたします。

先日、外国人観光客のあふれる大阪道頓堀、千日前を訪れましたが、インバウンド(訪日外国人旅行者)を対象にした観光事業が今まさに求められており、県においても外国人向けの観光パンフレットで、中播磨の魅力を紹介、ヨーデルの森や峰山・砥峰高原、ホテルリラクシアが紹介されています。この海外から訪れる人々に私たちが連携して、町へ誘客し、魅力を伝えられるかにかかっています。

さて、7月も銀の馬車道人情劇場や、グリーンエコー川開き・バーベキューマラソン、県民センター主催のメディアツアー、東京観光キャンペーン。さらには、銀の馬車道商店会、寺前駅前商店会ではとってもお得なポイント事業が実施されています。

結びになりますが、9月27日実施の10周年記念事業「高原ハーフマラソン」の受付を開始いたしました。インターネットでの申し込み受付となります。神河町ホームページからの参加申込みをよろしくお願いいたします。

火山活動や地震、局地的豪雨被害が全国各地で起きています。本格的な暑さに備えた水分補給、健康管理とともに、予期せぬ豪雨等に備え、災害対策をしっかりと行っていただきますことをお願いし、7月のごあいさつとさせていただきます。

このページに関するお問い合わせ先

総務課

所在地: 〒679-3116 兵庫県神崎郡神河町寺前64番地(神河町役場本庁舎2階)

電話番号: 0790-34-0001 ファックス番号: 0790-34-0691

お問い合わせフォーム