ページの先頭です
メニューの終端です。

平成23年6月のメッセージ

更新日:2018年1月11日

ページID:33

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

町内では大方の地域で田植えも終わり、すがすがしい朝の風に水面を揺らしながら、大切に育てられた苗がしっかりと存在感を示しています。

過日、グリーンエコー笠形がACジャパンのコマーシャル出演が決定し、周辺住民のご協力のもと、被災地に向けた応援メッセージを鯉のぼりに託しました。この鯉のぼりは、グリーンエコー笠形の鯉のぼりとともに、「がんばろう東北」「大空にはばたけ東北」などの22のエールとして風に乗り、遠く離れた神河の地から復興を願う住民の思いとして届けられ、この姿はテレビを通じ関西圏内で放映されています。

「一人の声は小さいけれど、あわせれば それは エールになる。
一人の力は小さいけれど、あわせれば それは 勇気になる。
一人の温もりは小さいけれど、あわせれば それは 陽だまりになる。
とどけ 遠い空へ、 とどけ とどけ」
22匹のうち6匹の鯉のぼりは、派遣職員の手によって、現地、気仙沼市に届けさせていただきました。

区・学校・企業・商店等をはじめ多くの町民の皆様からのご支援によります東日本大震災義援金は、神河町としての1,000,000円、神河町赤十字奉仕団から日本赤十字社兵庫県支部へ既に送金されております3,058,502円とあわせ、7,909,102円に上りました。心温まるご支援に心から感謝申し上げます。
義援金の取組みは、当面6月いっぱい続けていきますので、引き続きのご支援とご協力をお願いいたします。
また、関西広域連合チームによる被災地支援の取組みは、6月1日現在で8名の職員を派遣してまいりました。職場の調整や住民の方々のご理解のもとで取組みをさせていただいているところですが、それぞれ10日間の日程をしっかりと任務にあたってくれています。今後も、『私たちに今できること』をしっかりと進めていくことで、連帯していきたいと考えております。

5月22日に開催をされました神河町消防団操法訓練大会では、日ごろの訓練の成果を遺憾なく発揮していただきました。優勝されました、作畑新田分団、大畑分団、準優勝の岩屋分団、福本分団をはじめ入賞されました分団の皆様、本当におめでとうございます。また、日夜訓練に励まれ消防技術の向上と消防組織の維持発展そして、地域コニュニテイづくりを含めた消防団活動に取り組んでいただいております全ての分団の皆様に重ねてお礼を申し上げます。

「スポーツの力で日本を元気に!」を合言葉に25日には、好天のもと第4回目となるチャレンジデーに取組みました。今年のメイン事業ノルウエイの森ロケ地ウォーキングでは、一般参加者80名が近畿医療福祉大学の学生スタッフ90名とともに、新緑の高原を満喫しながら歩きました。今年は昨年を上回る6,525人の方に参加をしていただき、目標の金メダル55%にはいたりませんでしたが、参加率51%銀メダルを獲得しました。引き続き、「マンスリーからデイリー」を合言葉に、毎日のスポーツや運動で健康づくりに努めていきたいと思います。準備から運営にあたるまでお世話になりました運営委員様をはじめ全ての関係各位の皆様方にあらためてお礼を申し上げます。

5月16日より、私の公約のひとつでもあります『集落別懇談会』を、新田区を皮切りに各区をまわらせていただいております。町政運営の基本は、町執行部が予算をはじめとした施策・取組みについて議会に提案をさせていただき、議会で審議していただき決定することが基本ではありますが、私はこのこととあわせ住民の皆様とお会いし、直接ご意見・ご提言をお聞きすることで、町が取組むべき課題がより具体化していくものと思っております。是非、ご参加をお願いしたいと存じます。

いよいよ15日から、6月定例議会が始まります。
国においては、国と地方の関係を見直す地域主権改革の関連3法案が、過日、与野党の賛成多数により可決、成立をいたしました。「国民主権」との関係から、「地域主権」ということばを削除する修正も行われたようですが、分権改革に向け、大きな一歩を踏み出したといえます。特に注目されるのは、「国と地方の協議の場」が正式に法制化されたことであります。今後、関係団体の代表が、国と地方の役割分担のほか、経済財政政策や教育、社会資本整備など地方自治に影響を与える多くの課題について意見を交わすこととなります。協議の結果は「尊重しなければならない」と明記され、地方の陳情を国が一方的に聞き取る図式ではなく、双方が対等に協力し合う関係が実現することになります。神河町としても、「住民が主人公」のまちづくりに向け引き続き取り組んでまいります。

また、関西広域連合では、震災の影響による電力不足に備え、家庭や会社事務所に5~10%の節電努力を呼びかけることといたしております。役場といたしましても、引き続き、昼休み消灯をはじめとした節電や5月23日からはクールビズにも取組んでおりますが、各ご家庭での節電対策にも是非ご理解とご協力をお願いいたします。

6月はホタル、そして鮎のシーズンでもあります。その他、26日には映画「ノルウエイの森」ふたたびイベントをはじめ、さまざまな行事にも取組んでまいります。また、7月3日には、グリンデルホールで演歌歌手 山川豊コンサートを開催いたします。まだ、いくらかの空きもございますので、是非、お早目に申し込みいただければと思います。

結びになりますが、6月は梅雨の季節です。長雨による地盤の緩み、また大雨に備え万全の体制を整えていただきたいと思います。
そして、なんといいましても健康第一です。健康には十分ご留意いただきましてお過ごしいただきますようお祈り申し上げます。

※このメッセージは、神河町ケーブルテレビネットワークの自主放送番組“町長からのメッセージ”から引用しています。

このページに関するお問い合わせ先

総務課

所在地: 〒679-3116 兵庫県神崎郡神河町寺前64番地(神河町役場本庁舎2階)

電話番号: 0790-34-0001 ファックス番号: 0790-34-0691

お問い合わせフォーム