ページの先頭です
メニューの終端です。

平成29年11月のメッセージ(英語表記あり)

更新日:2018年1月17日

ページID:30

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

動画でもご覧いただけます。

山々の紅葉も日ごとに彩りを増す今日この頃ですが皆様にはいかがお過ごしでしょうか。

超大型の台風21号は、10月22日、大きな勢力を保ったまま日本列島の南海上を北東に進みながら近畿地方に接近いたしました。18号台風とは違った進路ではありましたが午後2時30分に水防指令1号の発令と水防対策本部を設置、午後3時に町内5箇所の指定緊急避難場所の開設を行い水防体制を整えました。夕刻からは雨風が激しくなり、特に近年にない強風が長時間に渡って吹き荒れる中、町内各地で停電、ケーブルテレビ断線、倒木などによる通行止め被害が発生し、その都度関係機関への連絡と応急処置を施しながら町内パトロールと情報の収集に努めました。また、各区におかれましても自主的に避難所を開設いただきました。

夜が明けて再度町内全域パトロールによる被害状況調査を行う中、被害の全貌が徐々に明らかになりました。雨による被害は殆ど無く、被害の殆どが強風によるものでありました。新聞でも報道されましたが吉冨区の春日神社にある兵庫県指定の文化財の拝殿の倒壊、観光交流センターのガラス扉の破損、集会所や各家屋の屋根や店舗の看板の被害など多数見られ、神河町では近年に無い風台風の猛威を改めて感じたところであります。
被害にあわれました関係者の皆様に心よりお見舞い申し上げますと共に一日も早い復旧をお祈り申し上げます。
一方、本年4月にスタートしました防災行政無線設備は、今回強風による断線でケーブルテレビの不調、停電がありましたが、正常に機能し行政情報の発信が出来たことは非常に良かったと感じました。今後も引続き安全安心のまちづくりに取り組んでまいります。

同じく22日には、第48回衆議院議員総選挙が執行され、自民・公明の与党が300を超える議席を獲得したことから、引き続き政権を担当することになりました。これにより平成31年10月から消費税が10%に増税されますが、その財源は教育・保育の無償化や地方創生の推進に活用されることになります。現在、神河町が推進しています子育て支援・地域創生の施策と一致していることからも大いに期待するものであります。

さて、熊本地震の震源地であり甚大な被害を受けました熊本県益城町へ4月から半年の期間で災害派遣していました職員が、無事任務を終えて元気に復職いたしました。職員会議と合わせて災害支援報告会を開催し被災地の現状を職員全員で共有いたしました。私自身8月に現地視察をいたしましたが、益城町のみならず被災地の共通していることは本格的な復興はこれからであり、特に現地では復興事業に携わる技術職員が圧倒的に不足しているとのことにあります。今後更に被災地への支援の輪が広がり一日も早い復興ができることを強く感じました。
改めて、復興支援に携わってくださいました職員に、そして何よりも復興支援にご理解ご協力くださいましたご家族の皆様に心より感謝申し上げます。
そして、この度の益城町での災害支援が職員に、またこれからの神河町のまちづくりにとって、大変有意義なものであったことと確信をしました。

2日には、Pホームページ兵庫株式会社と子育て応援企業協定を締結しました。この協定により10月から子どもたちの健やかな成長を願い、出産お祝い品の提供を受けるものです。改めてご支援に対し御礼を申し上げますと共に、神河町として今後も引き続き地域創生の要であります出産・子育て支援の各種政策にあらゆる角度で知恵を絞り全力で取り組んでまいります。

5日の午後8時からは、観光交流センターでノーベル文学賞の発表を固唾を呑んで見守りました。本年も村上春樹氏の受賞とはなりませんでしたが氏の代表作である『ノルウェイの森』が映画化され、そのメインロケ地になった砥峰高原と共に神河町が更に輝きを増す為にも引き続き力一杯応援してまいります。

5日の午後8時からは、観光交流センターでノーベル文学賞の発表を固唾を呑んで見守りました。本年も村上春樹氏の受賞とはなりませんでしたが氏の代表作である『ノルウェイの森』が映画化され、そのメインロケ地になった砥峰高原と共に神河町が更に輝きを増す為にも引き続き力一杯応援してまいります。

ノーベル文学賞発表の様子

10月5日 ノーベル文学賞発表

18日には、関西ワールドマスターズ2021開催市町代表者会議に出席をしました。国際マスターズゲームズ協会が4年ごとに主催する大会で、30歳以上の一般アスリートの方を対象にした生涯スポーツの国際総合競技大会です。
今回第10回の記念大会がアジアで初めて開催され、その舞台が日本、それも関西で開催されます。
競技種目であるオリエンテーリングが神河町峰山高原をはじめ養父市、香美町の三会場で開催されます。神河町の魅力を海外に発信できる絶好のチャンスと捉え、これより関係市町と共にその準備に当たってまいります。

28日には、祝!日本遺産認定「歴史ウォーク」が開催されました。今年は沿道のチェックポイントにおきまして、各区等からご協力をいただき、さまざまなおもてなしイベントが実施され、参加者を楽しませていました。そして、ゴールでは福本遺跡まつりが開催されました。遺跡の解説では神河町の歴史文化遺産について知識を深めると共に、お楽しみ福引大会では、大きな歓声が上がるなど、一日神河町を知ると同時に楽しんでいただけたのではないでしょうか。また、今回のイベントを通じて銀の馬車道・鉱石の道が文化庁の「日本遺産」の認定を受けたことを強く感じとることが出来、「保存から活用へ」を基本に、引き続き神河町の歴史文化に見識を深めていきたいと感じました。

祝・日本遺産認定記念歴史ウォークの様子

10月28日 祝・日本遺産認定記念歴史ウォーク

福本遺跡まつりの様子

10月28日 福本遺跡まつり

10月は各地域で秋祭りが取組まれました。神河町最終となる日吉神社の秋祭りは少し雨模様でしたが、皆様におかれましては五穀豊穣を祈り家族で楽しい時間を過ごすことができたのではないでしょうか。
祭りを通じて、赤ちゃんからお年寄りまでの交流は、神河町の未来を担う子ども達に、神河町の伝統文化、そして人情味あふれる神河町の人々の素晴らしさを伝えることのできる最高の行事であったと言えます。近年人口減少で屋台の担ぎ手も確保することが困難な状況がありますが皆で知恵を絞り未来に繋ぎ伝えていかなければなりません。「人が集まらなければその町の未来は無い」を合言葉に共に頑張ってまいりましょう。

神河町各地域秋祭りの様子

10月7~8日 神河町各地域秋祭り

吉神社例大祭の様子

10月15日 日吉神社例大祭

11月も自主防災かみかわ防災訓練、防火パレード、商工祭、農業祭、収穫祭などイベントを控えています。多くの方々の参加で実り多いものにしていただきたいと思いますし、11月25日には道の駅「銀の馬車道・神河」がオープンします。そして、峰山高原リゾート・ホワイトピークは12月16日オープンに向けて順調に工事が進んでいます。神河町の新たな「賑わい」の誕生に精力を注ぎながら「住むなら やっぱり 神河町」の実現に向けて取り組んでまいります。

結びに、ご承知のとおり、神河町長選挙は11月14日告示、19日投開票で実施されます。引き続き、「ハートがふれあう住民自治のまち」づくりに、全力で取り組んでまいります。

これからますます空気が乾燥し火災が発生しやすくなってまいります。また、体調管理には十分ご留意いただきながらお過ごしいただきますようお祈りをし、11月のご挨拶とさせていただきます。

Message from Mayor in November, 2017

The fall colors are becoming more vibrant, but how is everybody?

Typhoon Lan landed on October 22. It approached the Kinki District at full strength as it travelled along the south of Japan. At 2:30pm, the town issued a flood warning and established a flood control headquarters. At 3pm, we set up designated emergency evacuation spots at five locations in town. We also prepared a flood control system. In the evening, the rain and wind became very intense. This caused damage that hasn’t been seen in recent years; such as power outages, cable TV disconnections, fallen trees and other road closures. We maintained contact with related organizations and emergency centers. We also patrolled the town and fixed issues where possible. In addition, each district also voluntarily opened other evacuation spots.

The next morning, the damage caused by Typhoon Lan became clear. There was not much rain damage but most was caused by the strong winds. Kasuga Shrine, in Yoshitomi, collapsed with major damage. The Tourism Center in Teramae had its windows broken. Other buildings in town sustained damage such as broken roofs and billboards collapsing. The damage to Kasuga Shrine was covered in the Kobe newspaper. I felt this typhoon was more damaging than previous typhoons.
We wish to express our sympathy to those who suffered from the typhoon and we pray for the restoration of the town as soon as possible.
Meanwhile, the town’s official announcement machine, which began in April this year, was functioning normally even during a cable TV disconnection and power outage due to the strong winds. In the future, we will continue to work on creating a safe and secure town.

On October 22, the general election of the National Diet was held and the incumbent Liberal Democratic Party and Komei Group won over 300 seats. Prime Minister Shinzo Abe will continue to be in charge of the administration. As a result, the consumption tax will be increased by 10 per cent in two years. The taxes will be utilized for free education, childcare and the promotion of regional creation. The town is looking forward to the resources being spent on parenting support and community creation.

In other news, a staff member from Kamikawa finished volunteering in Mashiki Town in Kumamoto Prefecture. The town was the epicenter of the Kumamoto earthquake and sustained tremendous damage. The staff member had volunteered since April. Kamikawa held a meeting about his experience in Kumamoto Prefecture. I also visited the town in August. Despite all the affected areas beginning the rebuilding process, these areas still need further support and resources to assist in redevelopment projects. I hope that the area receives further support and reconstruction can begin as soon as possible.
Again, I would like to express my deepest gratitude to all of my family members who helped staff and worked towards assisting reconstruction. Above all, thank you for your understanding and cooperation.
I am convinced that the disaster support at this time for Mashiki Town is very important to the staff and town for the future development in Kamikawa.

On October 2, we signed an agreement with Pホームページ Hyogo Co., Ltd. This will support child rearing in the town. Through this agreement, we wish for healthy children and to celebrate many births in the area. We would like to thank Pホームページ again for their support and we will continue to promote various policies around childbirth and child rearing. These policies are key to regional creation as a well-renowned city.

On October 5, I watched the Noble Prize announcement at the Tourism Center in Teramae. Mr Haruki Murakami did not win the prize this year. His famous book, Norwegian Wood, which was made into a movie in 2010, promoted Tonomine Heights and Kamikawa to the international stage. We will continue to support Mr Murakami as much as possible.

On October 18, I attended the Kansai World Masters 2021 Municipal Council Meeting. It is an international event aimed at regular athletes who are 30 years or more of age. The event is held every four years and will be held for the first time in Asia in the Kansai area of Japan.
A competition event, orienteering, will be held at three places in Kamikawa: Mineyama Heights, Yabu City and Kami Town. This is a great opportunity to share Kamikawa’s charms with the world. We will begin preparations alongside other areas.

On October 28, the town's history walk was held. Various events were held for participants. The Fukumoto Ruins Festival was held at the finish line. During this festival, participants deepened their knowledge of the historical and cultural heritage of Kamikawa. As the lucky-dip event was held, there was a lot of cheering and participants really enjoyed themselves. Through this event, I felt that “Old Silver Mine Carriage Road / Ore Road” was accredited to Japan Heritage by the Agency for Cultural Affairs. I think we need to further promote the town's heritage.

Various Fall festivals were also held throughout October. The Fall festival at Hiyoshi Shrine was slightly damp, but the rain didn’t dampen participants’ spirits. Through Fall festivals, the generations are able to come together and share in the wonder of the event. The wisdom passes to the town’s children who are responsible for its future. In recent years, it’s been difficult to find mikoshi bearers due to the declining population. But all participants want to share the wisdom and be a part of Fall festivals' future.

In November, we will hold voluntary disaster prevention drills, fire prevention drills, a commerce and industry festival, an agricultural festival and some other events. We would like everyone to participate. On November 25, roadside station "Gin no Basyamichi, Kamikawa" opens. Also Mineyama Kogen Resort White Peak will open. Its preparations are going well and we are on schedule to open on December 16. While focusing on the rise of the new areas, we will continue to focus on the regions’ revitalization.

In conclusion, the Mayoral Vote will be held from November 14-19.

The weather in November is becoming drier, with fires becoming more of a risk, so please take care. I wish you all good health for November. Thank you very much.

このページに関するお問い合わせ先

総務課

所在地: 〒679-3116 兵庫県神崎郡神河町寺前64番地(神河町役場本庁舎2階)

電話番号: 0790-34-0001 ファックス番号: 0790-34-0691

お問い合わせフォーム