ページの先頭です
メニューの終端です。

平成27年12月のメッセージ

更新日:2018年1月15日

ページID:10

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

11月7日に開催いたしました、神河町誕生10周年記念式典は、大変お忙しい中、多くのご来賓、町民の民様にご臨席いただき、盛大に開催することが出来ました。
和太鼓演奏、10年の歩み、大学連携の中から誕生した神河の「たからもの」の演奏と映像で、まちづくり功労者・功労団体表彰に花を添えていただきました。
神河町のまちづくりにご尽力賜りました全ての町民の皆様、地域団体、事業所、関係機関に心から感謝申し上げ、その方々を代表する形で92個人、130団体の皆様に感謝状を贈呈させていただきました。
また、国会議員の先生方をはじめとするご来賓各位から心あたたまる、お祝いのお言葉を頂戴し、これまでの道のりは決して平坦ではありませんでしたし、そして今、人口減少という大きな現実の中で、国・県をはじめとした関係機関のご支援のもとでの環境づくりは不可欠な中、あらためて、まちづくりはそこに住む人たちで築きあげていく、まさしく地域で取組むべき課題であると確信いたしました。
ご紹介もさせていただきましたが、10年前の合併調印式で井戸敏三兵庫県知事から頂戴いたしました、「川山と 皆がともども 囲みあい 輪になりなんと誓いし今日」。「かみかわ」の文字を頭に詠っていただきましたこの詩の思いに、あらためてこの10年の月日の重さとそれを支えていただきました町民の皆様をはじめ全ての関係の皆様への『感謝』でしかありません。『感謝』とこれからのまちづくりへの思いを胸に、未来へとしっかりとつないでいく意義ある式典になったと思っております。
本当にありがとうございました。そして、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

さて、当日、式辞の中でもご報告させていただきましたが、去る10月30日から31日に同じ町名の埼玉県神川町(かみかわまち)を訪問させていただき、神川町合併10周年記念式典において「災害時相互応援に関する協定書」締結交換を執り行わせていただきました。
人口密度の違いこそあれ、互いに2町合併で誕生し、渓流と清流、ダムが立地する一方で、車で20~30分走ると市街地に出るという便利さを兼ね備えたとても便利な田舎町です。これからも、東の「神川町(かみかわまち)」西の「神河町」として、情報発信と連携・交流を進めてまいります。

就任後、なかなか機会がもてていませんでしたが、26日には、子育て教室に参加の若いお母様方との懇談の機会に恵まれました。親子が憩える公園的な要望や、核家族の生活実態として水道・下水といった公共料金の負担が大きいといった声をお聞きしました。インフラはどこに住んでいても同一であるべきとの見解で、兵庫県町村会さらには全国町村会要望として声を上げておりますが、実現の道筋は見えておりません。しかしながら、おいしい水、山・川・田・畑といった豊かな自然が私たちの恵みのもとであり、町の魅力であることも見逃せません。先日、神河町地域創生総合戦略概要版について各戸配布させていただきましたが、神河町をもっともっと住みやすい町にするための取り組みも継続、そして強力に進めてまいりので、よろしくお願いいたします。
先日の全国町村長大会の中で、石破地方創生大臣がおっしゃっていましたが、まちづくりに大切なのは、「人・もの・金がどこから入り、どこから出て行くか、これを分析しないと町の将来が描けない。」ということであります。私たちの町を、より魅力的に住みやすくするのは、私たち町民一人ひとりであり、町の取り組みに関心をもっていただき、参加していただくこと、可能なものは神河町内での経済循環を考えていただくこと、こういった積み重ねが地域や人々の結びつきを更に強くし、神河町に住み続けていこうということにつながると考えています。
12月8日には、「子どもの夢を叶える事業」として、「神河町が住み続けたい町になるために」をテーマに、神河中学校2年生との町長懇談の機会も与えていただいています。将来の神河町を担う子どもたちと一緒にまちづくりについて考えあいたいと考えています。

さて、既にお知らせをいたしておりますが、個人番号通知カードが各ご家庭に簡易書留郵便で配達されています。この通知カードに登録された12桁の個人番号は、今後の税、社会保障、防災の3分野の行政手続きにおいて必要となりますので大切に保管をお願いいたします。また、この通知カードをもって、「個人番号カード」が申請でき、このカードは、本人確認のための身分証明書として利用できるほか、さまざまな行政サービスに利用することが可能となります。詳細は広報等でもお知らせしておりますのでご覧ください。

11月も越知川名水ゆずマラニック、播但線沿線の秋の収穫祭、銀の馬車道まつり、紅葉ウォーキングが、また28日には青少年健全育成合同大会が開催、また人権教室も18日をもって全区をまわらせていただきました。

12月は4日から人権週間がはじまります。フランスでテロが起こるなど、(日本の平和安全保障関連法案の可決とともに)情勢の不安定さも見え隠れしますが、私たちがこの世に生を受けるのは幸せに生きるためであることを決して忘れてはなりません。
5日には、かみかわ冬のホタルイルミネーション点灯式、6日にはクリーン作戦など、師走の恒例のイベントがそこに来ています。また、商店会の歳末ボーナスイベントも始まります。峰山高原冬のリーディングプロジェクトモニターツアーは、発表と同時に応募者殺到の盛況でありまた、スキー場建設に向けた、環境審議会では、冬の魅力づくりに留まらず、夏の集客や貴重植物を活用した高原の魅力アップに向けた意見が出される等、神河町の魅力づくりへの支援が本格化に向けて始動し始めています。
信長協奏曲の映画公開イベントは、1月23日、テラッソ姫路映画館ロビーでの実施も決定いたしました。

イルミネーションの様子

結びになりますが、7日から22日までの16日間の日程で12月議会定例会を招集いたします。人事案件、補正予算、条例改正等の上程を行います。また、消防団の皆様には26日から恒例の年末警戒でお世話になります。これから一段と、寒さが厳しくなってまいります、皆様方には、健康管理には十分ご留意いただき、全ての皆様方が良い年を迎えられますようお祈りいたしますとともに、この1年、町民の皆様方にお支えいただきましたことに、重ねて感謝を申しあげ、12月のごあいさつとさせていただきます。

このページに関するお問い合わせ先

総務課

所在地: 〒679-3116 兵庫県神崎郡神河町寺前64番地(神河町役場本庁舎2階)

電話番号: 0790-34-0001 ファックス番号: 0790-34-0691

お問い合わせフォーム