ページの先頭です
メニューの終端です。

社会資本総合整備計画

更新日:2018年8月1日

ページID:442

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

社会資本整備総合交付金

社会資本整備総合交付金は、「活力創出」「水の安全・安心」「市街地整備」「地域住宅支援」の各政策項目を実現するため、地方公共団体等が作成した社会資本整備計画に基づき、目標実現のための基幹的な社会資本整備事業および関連する社会資本整備やソフト事業を総合的・一体的に支援することを目的として、平成22年度に創設されました。
また、従来の国土交通省所管の地方公共団体向け個人補助金を一つの交付金に原則一括し、地方公共団体にとって自由度が高く、創意工夫を生かせる総合的な交付金となっています。

社会資本整備計画とは

地方公共団体が社会資本整備総合交付金により事業を実施しようとする場合、社会資本整備計画を作成し、国土交通大臣に提出するとともに、その作成した計画を公表することとなっています。また、交付期間の終了時に、計画目標の実現状況等について評価を行い、これを国土交通大臣に報告するとともに、公表することとなっています。

下水道事業について

  • 計画の名称
     兵庫のまんなかで守ろう残そう循環のみち、キラリと光る神河町の実現
  • 計画の期間
     平成27年から平成31年(5年間)
  • 計画の策定主体
     神河町
  • 計画の目的
     効率的な事業実施のために施設統合計画を策定すると共に、汚水処理施設の計画的な改築を行い公共用水域の水質保全や生活環境の改善を図る。
  • 現在の計画
     神河町において、策定している社会資本総合整備計画は以下のPDFファイルのとおりです。

PDFファイルはこちら

このページに関するお問い合わせ先

上下水道課

所在地: 〒679-3116 兵庫県神崎郡神河町寺前64番地(神河町役場本庁舎1階)

電話番号: 0790-34-0966 ファックス番号: 0790-34-1556

お問い合わせフォーム