ページの先頭です
メニューの終端です。

ペットに関する情報

更新日:2019年1月23日

ページID:364

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

犬の飼い主には、

  1. 現在居住している市区町村に飼い犬の登録をすること
  2. 飼い犬に年1回の狂犬病予防注射を受けさせること
  3. 犬の鑑札と注射済票を飼い犬に装着すること

が法律により義務付けられています。
※登録の申請をしなかった場合、また、飼い犬に鑑札を装着しなかった場合は、20万円以下の罰金を科せられることがあります。(法第27条)

飼い犬の登録

生後91日以上で登録手続きがまだ済んでいない犬の飼い主の方は、お住まいの市区町村窓口へお問い合わせの上、登録手続きをしていただく必要があります。登録は1頭の犬につき、基本的に生涯1回ですが、引っ越しした場合等には移転先の市区町村窓口への届出が必要です。

毎年の狂犬病予防注射

生後91日以上の犬には早く予防注射を受けさせ、その後は1年に1回(予防注射接種時期は4月から6月)の予防注射で免疫を補強させましょう。狂犬病予防注射はお住まいの市区町村が行う集合注射、または動物病院で接種することができます。

飼い犬に犬の鑑札と注射済票

犬の登録や狂犬病予防注射の手続きはお住まいの市区町村で行っています。手続きをすると、犬の登録をした際には「鑑札」、狂犬病予防注射の接種を受けた際には「注射済票」が交付されます。この鑑札と注射済票は、登録された犬もしくは狂犬病予防注射を受けた犬であることを証明するための標識ですので、飼い犬に着けておかなければなりません。鑑札には登録番号が記載されています。もしも飼い犬が迷子になっても、装着されている鑑札から確実に飼い主の元に戻すことができます。

犬の集合注射について

神河町では、毎年4月に町内を巡回し、犬の狂犬病予防集合注射を行っています。
集合注射の日程や会場は、広報かみかわ4月号に掲載しますので、最寄りの会場にお越しください。
また、集合注射の会場でも新たな犬の登録もできます。
集合注射の料金について
登録手数料3,000円
注射済票交付手数料550円
集合注射料金3,350円 町が行う集合注射の料金です。
※上記の注射済票交付手数料を含んでいます。

ペットの火葬

ペットが死んだときは、火葬をすることができます。火葬料は20kg未満が3,000円、それ以上は5,000円です。火葬を希望される場合は、役場本庁舎住民生活課へ印鑑をご持参のうえ、お越しください。

ペットの飼い方について

  • 命あるペットの飼い主としての責任を持ちましょう。
  • 屋外で飼う場合は、必ずくさりなどにつないでください。(放し飼いの犬は、保健所に保護される場合があります。)
  • 犬の首輪には、鑑札・注射済票をつけましょう。
  • 散歩時には、引き綱をつけ、糞は飼い主が責任を持って始末しましょう。(道路・他人の敷地内・田畑等に始末しない。)

このページに関するお問い合わせ先

住民生活課

所在地: 〒679-3116 兵庫県神崎郡神河町寺前64番地(神河町役場本庁舎1階)

電話番号: 0790-34-0962 ファックス番号: 0790-34-1556

お問い合わせフォーム