ページの先頭です
メニューの終端です。

砥峰高原での撮影について

更新日:2018年1月24日

ページID:309

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

砥峰高原での撮影は個人の一般的撮影を除き、すべて事前協議と許可が必要になります。
撮影等をされる場合は事前に神河町役場地域振興課へ申請が必要です。

砥峰高原での撮影について

砥峰高原は、県立自然公園であることから高原内で撮影等の行為を行う際は、土地使用許可や県立自然公園条例に基づく県の許可が必要です。
この許可が必要かどうか迅速に判断するため、事前に撮影企画書(事前協議用)を提出いただき、許可が必要か判断をしています。

事前の撮影企画書については、神河町地域振興課を経由し、県に協議をします。
県への申請から協議結果が出るまで約2週間ほどかかります。即日許可が出るものではないので、申請時期についてはご留意ください。

また、コスプレ撮影につきましては、自然景観的に異質な印象を与える可能性があるため、基本的にお断りしておりますので、ご理解のほどよろしくお願いします。

撮影企画書(事前協議用)について

砥峰高原で映像、写真等の撮影を行うには撮影企画書(事前協議用)の提出が必要になります。
撮影企画書の様式は、下記のダウンロード先からダウンロードしていただき、記入例を参考にご記入をお願いします。
ご記入いただきました撮影企画書は神河町地域振興課までお送りいただきますようお願いします。

撮影に関する注意事項

撮影にあたっては、以下の事項を遵守してください。

  1. 撮影にあたっては撮影概要書および申請書に示された人数、および時間の範囲で行うこと
  2. 撮影にあたっては高原利用者の妨げとなる行為のないよう注意すること
  3. 撮影にあたって、すすきの育成地への立ち入りは原則禁止するが、兵庫県の許可ないし了解を得て立ち入る場合は、すすきへの被害が生じないように細心の注意を払うこと
  4. 撮影の関係者は取材者用の腕章(自社腕章等)もしくは身分証を着用すること
  5. 撮影行為者が出したゴミは、撮影行為者が持ち帰ること
  6. 撮影にあたり、機材や車両等の保管場所または控室等が必要な場合は、撮影行為者自らがその負担において確保すること
  7. 撮影に関する電源は、バッテリー等の機材を撮影行為者側で用意すること
  8. 当該用地内の物件の全部および一部を滅失、毀損した場合は、撮影行為者の負担で原状回復すること
  9. 撮影にあたり、不慮の事故、苦情等が発生した場合、撮影行為者の責任において速やかに誠意ある対応を行うこと
  10. その他、兵庫県、神河町の職員およびとのみね自然交流館管理人の指示に従うこと

PDFファイルはこちら

ダウンロードファイルはこちら

このページに関するお問い合わせ先

町長部局 地域振興課 商工観光係

所在地: 〒679-3116 兵庫県神崎郡神河町寺前64番地(神河町役場本庁舎2階)

電話番号: 0790-34-0971 ファックス番号: 0790-34-0691

お問い合わせフォーム