ページの先頭です
メニューの終端です。

令和3年経済センサス活動調査のお知らせ

更新日:2021年5月19日

ページID:1755

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

6月1日を基準日として経済センサス活動調査を実施します。

これは統計法に基づき実施する国の重要な統計調査です。

5月中旬から、調査員が調査対象地区の事業所・企業に巡回しますので、調査への回答をお願いします。

調査の趣旨をご理解いただき、ご協力をお願いいたします。

調査の目的

経済センサス活動調査は、我が国の全産業分野における事業所および企業の経済活動の状態を全国的および地域別に明らかにするとともに、事業所および企業を対象とする各種統計調査を行う際の基礎となる母集団情報の整備を図ることを目的に、「令和元年度経済センサス基礎調査」等によって得られた事業所および企業の情報を活用して、売上高や費用などの経理項目の把握に重点を置いて実施します。


調査の対象

すべての民営事業所が対象となります。

ただし、個人経営の農・林・漁業(農・林・漁家)など、一部の事業所は除きます。

神河町では、約590の事業所および企業の方が対象となります。

調査の期日

6月1日を基準日として、5月20日から調査票の配布を行います。

調査事項

この度の調査は、「甲調査」となります。「甲調査」とは、すべての民営事業所を対象に行う調査です。ただし、(1)個人で農業・林業・ 漁業を行っている、いわゆる農林漁家、(2)個人の家庭で雇用されて家事労働に従事する家事サービス業の事業所、(3)外国公務に属する事業所(日本国内に駐在する外国政府の機関や国際機関など)は除きます。また、甲調査には、以下の2種類がございます。

調査員調査

調査員が事業所に調査票を配布し、インターネット回答および郵送回答または調査員が記入済みの調査票を回収する方法により行います。

国直轄調査

国が、企業の本社などに傘下の事業所の調査票を一括して郵送で配布し、国、県がインターネットによる回答または郵送により記入済みの調査票を回収する方法により行います。

調査の方法

統計調査員が担当する地域に所在するすべての事業所について、外観等によりその名称、所在地、活動状態等を確認するとともに、5月20日(木曜日)から調査員調査の対象事業所には調査票等を配布します。

新型コロナウイルス感染症対策として、対面の機会を減らすため、ぜひ、インターネット回答・郵送回答をご利用ください。


調査への回答方法

(1)インターネット回答

調査書類に封入されている「インターネット回答利用ガイド」をご参考にぜひ、スマートフォン、パソコン等でインターネット回答をご利用ください。


(2)郵送回答

調査書類に封入されている「郵送用提出封筒」に記入済みの調査票をいれて投函してください。


(3)調査員へ提出


回答は、6月8日(火曜日)までにお済ませください。

調査員について

調査員は、顔写真付きの「調査員証」および「調査用腕章」を必ず携行しています。

※統計調査を装った「かたり調査」にご注意ください。

 不審に思われた場合は、「調査員証」の提示を求めるか、神河町役場総務課までお問い合わせください。

関連リンク

総務省統計局「経済センサス活動調査

このページに関するお問い合わせ先

総務課

所在地: 〒679-3116 兵庫県神崎郡神河町寺前64番地(神河町役場本庁舎2階)

電話番号: 0790-34-0001 ファックス番号: 0790-34-0691

お問い合わせフォーム