ページの先頭です
メニューの終端です。

神河町不育症治療費助成事業について

更新日:2021年4月1日

ページID:1728

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

 神河町では『希望をもって結婚・出産・子育てできる社会を実現する』ため、不育症と診断されたご夫婦に対して、不育症の検査および治療費の助成事業を、令和3年4月1日から新たに開始します。

 助成の対象となられる方は、健康福祉課へ必要書類を添えて申請してください。

助成対象者

 下記の全てに該当する方が対象となります。 

  1.治療等を行った全期間、神河町に住所を有し、法律上の婚姻をしている夫婦

  2.治療等を行った期間の初日における妻の年齢が、43歳未満の方

  3.不育症と医師に診断されている方

  4.前年(申請日が1月から5月までの場合は、前々年)の夫婦合算の所得額が、400万円未満の方

  5.町税を滞納していない方

  6.国民健康保険その他医療保険に加入している方

  7.申請に係る治療等について、他の自治体が実施する不育症の治療等の助成を受けていない方

助成内容

 保険適用されない不育症の検査は7/10、治療費は1/2を助成します。

1.不育症の検査

 (1)不育症のリスク因子の検査
リスク因子の助成対象検査

1次スクリーニング

抗リン脂質抗体

抗カルジオリピンβ₂グルコプロテインI(CLβ₂GP1)複合体抗体

抗カルジオリピン(CL)IgG抗体

抗カルジオリピン(CL)IgM抗体

ループスアンチコアグラント

夫婦染色体検査

選択的検査

抗リン脂質抗体

抗PEIgG抗体(抗フォスファチジルエタノールアミン抗体)

抗PEIgM抗体(抗フォスファチジルエタノールアミン抗体)

血栓性素因スクリーニング(凝固因子検査)

第Ⅻ因子活性

プロテインS活性またはプロテインS抗原

プロテインC活性またはプロテインC抗原

APTT(活性化部分トロンボプラスチン時間)

 (2)絨毛染色体検査

2.不育症の治療

 (1)低用量アスピリン療法
 (2)ヘパリン療法(ヘパリン在宅自己注射療法を含む。また、ヘパリノイド(ダナパロイドナトリウムを使用するものを含む。))

助成方法

 助成回数は、原則1年度に1回とし、通算助成回数は制限しないものとする。また、助成の申請に係る治療等を行った期間は、原則、当該年度の4月1日から3月31日までとする。

申請書類

 1.神河町不育症治療費助成事業申請書兼請求書(様式第1号)

 2.神河町不育症治療費助成事業受診等証明書(様式第2号)

 3.神河町不育症治療費助成事業受診等証明書(薬局用)(様式第3号)

 4.医療機関が発行した領収書

 5.住民票の写し(続柄が記載されたもの)、戸籍謄本または戸籍抄本

 6.夫および妻の前年(申請日が1月から5月までの場合は、前々年)の所得証明書

 ※受診等証明書(薬局用)については、病院外処方があった場合のみ提出となります。

 ※住民票および所得証明書については、申請者の同意を得た上で、当町にて確認できる場合は省略することができます。

神河町不育症治療費助成事業申請書兼請求書(様式第1号)

神河町不育症治療費助成事業受診等証明書(様式第2号)

神河町不育症治療費助成事業受診等証明書(薬局用)(様式第3号)

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉課

所在地: 〒679-2414 兵庫県神崎郡神河町粟賀町630番地(神崎支庁舎内)

電話番号: 0790-32-2421 ファックス番号: 0790-31-2800

お問い合わせフォーム