ページの先頭です
メニューの終端です。

国民健康保険

更新日:2021年3月22日

ページID:214

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

国民健康保険の加入手続きなど

こんなときは届出を

国保に加入するとき
こんなとき持参するもの
町内へ転入したとき・印鑑・転出証明書
職場の健康保険をやめたとき・印鑑・職場の健康保険をやめた証明書
子どもが生まれたとき・印鑑・母子健康手帳・保険証
生活保護を受けなくなったとき・印鑑・生活保護廃止通知書
国保を脱退するとき
こんなとき持参するもの
町内から転出するとき・印鑑・保険証
職場の健康保険に加入したとき・印鑑・国保と職場の両方の保険証
死亡したとき・印鑑・保険証・死亡診断書(埋火葬許可証)
生活保護を受けたとき・印鑑・保険証・生活保護開始決定通知書
その他
こんなとき持参するもの
町内での住所変更、世帯主の変更、世帯の合併、分離のときなど・印鑑・保険証

第三者行為による病気やけがについて

交通事故をはじめ、第三者の行為によって傷病を受けた場合にも、国保で治療を受けることができます。

本来治療費は加害者が支払うものですが、一時的に国保が立替払いをして、あとから国保が加害者に費用の請求をします。示談の前に必ず国保に連絡をして届出してください。

第三者行為とは

・交通事故(相手に過失が一部でもある場合)
・暴力行為を受けた
・他人の飼い犬に噛まれた
・飲食店で食中毒にあった  など


届け出に必要なもの

・第三者行為による傷病届

・事故発生状況報告書

・同意書

・誓約書

・交通事故証明書

   (物損事故証明の場合は「人身事故証明書入手不能理由書」が必要)

   (入手できない場合は「交通事故証明書入手不能理由書」が必要)

・国民健康保険被保険者証

・印鑑

・本人確認証明書(免許証、マイナンバーカード等)


様式については、兵庫県国保連合会(下記のURL)からダウンロードしてください。

https://www.kokuhoren-hyogo.or.jp/general/medical/accident.html

※加害者から直接治療費を受け取ったり、示談を済ませたりすると、国民健康保険が使用できなくなることがありますので、ご注意ください。



納付は便利な口座振替で

口座振替ができるのは

町・県民税、固定資産税、軽自動車税、国民健康保険税、国民年金保険料、町営住宅使用料、水道料金、保育料など。

手続方法

本庁または取り扱い金融機関に、預金通帳、通帳使用印、納付書を持参して手続きしてください。

  • 取扱金融機関(兵庫西農協、但陽信用金庫、但馬銀行、郵便局、三井住友銀行、みなと銀行)

このページに関するお問い合わせ先

住民生活課

所在地: 〒679-3116 兵庫県神崎郡神河町寺前64番地(神河町役場本庁舎1階)

電話番号: 0790-34-0962 ファックス番号: 0790-34-1556

お問い合わせフォーム