ページの先頭です
メニューの終端です。

36年ぶりに天皇皇后両陛下に新嘗祭の精粟を献納

更新日:2018年11月9日

ページID:1008

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

新嘗祭は、五穀豊穣を神々に感謝する宮中の行事の一つで、毎年11月23日に天皇陛下が皇居の神嘉殿において新穀を神々にお供えになり陛下自らもお召し上がりになる宮中祭典の中でも最も重要なものであります。その祭典でお供えする米と粟を各都道府県から選ばれた農家が天皇陛下に献納する献穀献納式が皇居内賢所(かしこどころ)参集所において行われました。

今年は、36年ぶり(昭和57年)に神河町から、粟の献穀者として廣納 正・秀子ご夫妻が、去る10月22日に行われた献穀献納式に出席されました。献納の後、天皇皇后両陛下がお出ましになる御会釈が行われ、労いと励ましのお言葉をいただきました。緊張と感激の中、大役を果たされました。

廣納 正・秀子ご夫妻の写真

廣納 正・秀子ご夫妻

粟の写真
精粟の写真

このページに関するお問い合わせ先

町長部局 地域振興課 農林業係

所在地: 〒679-3116 兵庫県神崎郡神河町寺前64番地(神河町役場本庁舎2階)

電話番号: 0790-34-0960 ファックス番号: 0790-34-0691

お問い合わせフォーム