ページの先頭です
メニューの終端です。

平成30年2月のメッセージ(英語表記あり)

更新日:2018年2月1日

ページID:789

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

動画でもご覧いただけます。

平成30年2月のメッセージ

今年のスタートも、桜華園の元日登山から始まりました。快晴のもと美しい初日の出を全身に浴び、そのあとは熱々の雑煮をいただき、今年1年、引き続き町政発展のために最善を尽くす決意を新たにいたしました。

1月7日、神河中学校2期生、145名の皆様が成人式を迎えられました。当日は124名、86%という非常に高い参加率にとても感動いたしました。久しぶりの同級生、そして恩師との再会に会場は物凄い熱気と笑顔であふれる中、式典は静粛のなかで進んでいきました。今後一人ひとりがさまざまな可能性を秘めて自分の道を歩んで行かれると思いますが、是非「大好きな神河町の未来のために、若いエネルギーと斬新なアイディアを発揮していただきたい」と熱いメッセージを送らせていただきました。
1月7日成人式の写真

1月7日 成人式

14日にはグリーンエコー笠形におきまして「とんど祭り」が開催されました。神崎天満宮の神事の後、高さ10mもある「とんど」が焚き上げられました。また先着200名の方にぜんざいと甘酒が振舞われ、最後は「餅巻き」など大変多くの方々で賑わいをみせました。暖かい火に当たりながら町民皆様が今年1年、無病息災で過ごしていただけるものと感じました。
1月14日グリーンエコー笠形「とんど祭り」の写真

1月14日 グリーンエコー笠形「とんど祭り」

22日には神河中学校におきまして、地域創生事業の一環「第3回子どもの夢を叶える事業」を実施しました。当日は、2年生の生徒110人が参加していただき、私からは、神河町の現状や現在進めています神河町地域総合戦略について説明を行うとともに、これまで生徒の皆様から提案いただいた事業、例えば若者定住促進住宅や柚子を使った特産品の開発などについて話をさせていただきました。多くの方々に行政に関心を持ってもらうことが、町政の発展に繋がるものと考えていますし、2月に入りますと生徒の皆様から意見書をいただく予定となっています。夢を叶えられるよう取組んでいきたいと考えています。

28日には、第43回神河マラソン大会が開催され、約500人のランナーが健脚を競いました。また、西脇工業高校や須磨学園高校の駅伝選手の皆様が走られる姿は、迫力満点で、一流の走りを間近で見るだけでも勉強になると感じました。
私も5kmマラソンに参加させていただいて無事走りきることが出来ました。残り500mからは西脇工業の選手に伴走していただきましたが、走る姿勢が美しく日々の鍛錬の賜物だと感じたところです。

1月28日第43回神河マラソン大会の写真

1月28日 第43回神河マラソン大会

昨年の11月にオープンしました道の駅「銀の馬車道・神河」、12月にオープンしましたスキー場「峰山高原リゾート ホワイトピ-ク」ともに約3万人の来場者を迎え、大いに賑わいを見せているところです。特に、スキー場に関しては、スキーウェアなどをレンタルされる方が多く阪神間から車で1時間半というアクセスの良さも含めて気軽にスキーを楽しんでいただいており、新たなスキー人口を発掘しているものと感じています。今後は来ていただいた方々に、もっと神河町を好きになっていただきリピーターになっていただくことと合わせて、雪のない東南アジアの訪日外国人観光客の招致にも精力を注いでいきたいと考えています。

2月に入りますと、4日には扁妙の滝ウォーキング、11日には人権啓発講演会、そして24日はシニアカレッジ芸能発表会が開催されます。また、9日からは韓国平昌で冬季オリンピックが開催されます。フィギアスケートなど大変楽しみな種目も多いと感じており、日本選手の活躍に期待いたします。

結びになりますが、本当に厳しい寒さが続いており、インフルエンザも大流行しています。うがいや手洗いを励行していただきながら体調管理を充分行っていただきお過ごしいただきますようお願い申し上げ、2月のご挨拶とさせていただきます。

2月4日扁妙の滝ウォーキング参加申込書の写真

2月4日 扁妙の滝ウォーキング参加申込書

Message from Mayor in February, 2018

My new year started in Oukaen where I climbed a mountain. I saw a beautiful sunrise. I ate zouni (rice cakes in a hot soup). This year I’ve decided to do my best to further improve town administration.

On January 7, 145 Kamikawa Junior High School second grade students participated in a coming-of-age ceremony. On the day, 124 people were part of the ceremony itself. I was deeply moved by the very high attendance rate. The room was overflowing with amazing enthusiasm and there were lots of smiles. Classmates and teachers had many reunions. I believe the ceremony was conducted with respect and calmness. I think each person will follow his or her own path.
This year, I would like you to demonstrate youthful energy and innovative ideas for the future of the Kamikawa “that I love”.

On January 14, the Tondo Festival was held at Green Echo Kasagata. Afterwards, the 10 meter tall shrine at Kanzaki Tenman-gu, Tondo, was lit up. Zenzai and amazake were served to the first 200 visitors. A lot of people enjoyed the rice cake spread treats at the end. In front of the warm fire, I prayed for everyone’s good health this year.

On January 22, at Kamikawa Junior High School, the Third Children’s Dream Fulfillment Project was held. 110 second grade students participated. I discussed the current state of Kamikawa Town and the comprehensive strategy which we are currently working on. I discussed suggestions former students had given on projects, such as the development of a youth settlement housing program and yuzu products. We believe that having people committed to town improvement leads to better town planning. We are planning to get thoughts from the students in February. I will work to make their plans come true.

On January 28, the 43rd Kamikawa Marathon was held. Around 500 runners participated. Also, the runners from Nishiwaki Industrial High School and Suma Gakuen High School Ekiden (long-distance relay race) clubs were impressive. It was a learning experience to see first-class runners up close. I also ran 5km and finished. For the remaining 500 meters, Nishiwaki Industrial High School students ran alongside me. Their attitude towards running is inspirational and I hope they keep training every day.

Approxima電話y 30,000 visitors have come to Kamikawa since the opening of the roadside station “Gin no Basyamichi, Kamikawa” in November and the Mineyama Kogen Resort “White Peak” ski resort in December. They are crowded. Especially at the ski resort, there are many people who are renting ski gear. It takes one and a half hours by car from the Osaka/Kobe area. Therefore, the access is convenient and many people are able to enjoy going skiing. Furthermore, the number of first-time skiers is increasing. I would like them to come to Kamikawa Town many times to enjoy the resort again. I also want many visitors from Southeast Asia, which has no snow, to visit Japan and come to our ski resort.

On February 4, we will hold a walking event to see a frozen waterfall. A human rights awareness lecture will be held on the 11th. Furthermore, a senior college entertainment presentation will be held on the 24th.
From February 9, the Winter Olympics will be held in Pyeongchang, South Korea. I am very much looking forward to watching the figure skating. Kamikawa Town is hoping for the success of the Japanese athletes.

The severe cold weather continues. Influenza is very prevalent. Please practice good hygiene and take care of your health.

このページに関するお問い合わせ先

総務課

所在地: 〒679-3116 兵庫県神崎郡神河町寺前64番地(神河町役場本庁舎2階)

電話番号: 0790-34-0001 ファックス番号: 0790-34-0691

お問い合わせフォーム