ページの先頭です
メニューの終端です。

平成28年2月のメッセージ

更新日:2018年1月16日

ページID:262

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

暖かかった12月も1月に入り、「低温注意報」が発令されるなど強い寒気が押し寄せ、台湾では多くの死者が出るなど、気候変動が私たちの生活に大きく影響を及ぼしています。一方で、奄美大島では115年ぶりの降雪で、子どもたちが大はしゃぎの様子が報道されておりました。

2003年に観光立国を立ち上げて以降、500万人外国人観光客は2015年で1,974万人となり、現時点でも3,000万人~4,000万人の能力があると言われています。
今や、観光事業は、2年前の倍以上の3.5兆円産業となり、兵庫県でも「ひょうご観光親善大使」を創設し、神河町のイメージキャラクターを努めていただいている、本堂亜紀さんが初代ひょうご観光親善大使に任命されました。

神河町においても、高原、名水、銀の馬車道エリアの魅力がテレビや新聞・ラジオ等で再三取り上げられ、1月25日にラジオ放送された、「西條遊児のひょうご町歩き」では、映画ロケ地となった砥峰・峰山高原のほか、グリーンエコー笠形の新メニュー「ゆず豚丼」とゆずの入ったコロッケ「ユズッケ」や、珍しい畳敷きの「響きの湯」、扁妙の滝の氷結、など盛りだくさんに神河町の魅力を紹介していただきました。

ヨーデルの森では昨年12月で2,000人の外国人観光客が訪れた他、峰山高原においても、昨年12月から早や200名を超える台湾を中心とする外国人観光客が訪れ、一面銀世界といえる状況ではありませんでしたが、始めてみる雪に大はしゃぎの状況でした。それが1月20日の降雪で一気に白銀の世界となり、ホテル周辺で雪遊びを楽しむ親子連れの姿が印象的でした。また、中庭に設置された鎌倉テント村では、雪景色を楽しみながら食事をしたり、コタツに入って神河町のPRビデオを楽しんだり、キッズ広場では子どもたちがそりで遊ぶ姿も。夜になると、雪中イルミネーションによりテント村はより幻想的に映し出され、ドームの中ではワインバーでお酒を楽しむことも出来、厳しい寒さ、とりわけ気温はマイナス10度を下回る極寒の条件も含めて、まさしく『極上の冬時間』に、時間の流れるのを忘れるくらいです。他にも雪上車乗車体験やスノーシュー体験、星空天体観測など自然を満喫できるメニューが用意されています。また、町内の皆様限定のおすすめ情報とともに特典ご利用の皆様にホテルのマイクロバスでの送迎も準備されています。
神河町の資源に民間事業者の知恵と協力、そこにおもてなしの心が結集された、すばらしい地域創生事業の始まりです。そして、マスコミや来場者含めて多くの方がインターネット上でもそのすばらしさを伝えてくれています。

そして、スキー場整備につきましては現在、その事業費確保に向けて県とともに国協議を進めているところです。

4月砥峰高原でロケが行われました「信長協奏曲」は23日土曜日に、全国東宝系ロードショーで公開され、私も、公開記念イベントとともに鑑賞してまいりました。
戦(いくさ)のシーンが多くあるなかでも、「平和な時代はいつかきっと、必ず来る」「時代を超えて人はつながっている」との台詞は、多くのメッセージの中でも、私たちの幸せを願う平和へのメッセージとしてとても印象的でした。クライマックスの舞台となるススキのない高原でのシーンと、タイムスリップする新感覚のSF時代劇を堪能させていただきました。ゆずジュースも大変好評で、神河町の魅力をしっかりとPRしてまいりました。

雪の写真

また、1月23日、空き家を「地域の宝・資源」とした改修や、チャレンジショップ等空き家利活用の取組みが評価され、かみかわ田舎暮らし推進協会に対しふるさとづくり大賞「団体賞」が総務大臣から贈られました。
神河のまちづくりの魅力が評価されたものと嬉しく思っております。本当におめでとうございました。

139名が新たな一歩を踏み出した神河町成人式は、神河町への思いの詰まった神河町創生実行元年にふさわしい成人式となりました。新成人の皆様の今後ますますのご活躍を願うと同時に是非、神河町の魅力をさらに高める応援団となってほしいと願っています。

10周年記念大会となりました第41回神河マラソン大会は、北京オリンピック女子5000m出場の小林祐梨子さんをゲストランナーとして迎え、過去最高の800名近い申込みを頂き、ボランティアの皆様による温かいボタン汁サービスもいただきました。
大会を支えていただいております学校・地元地区・体育協会をはじめとした関係者の皆様に厚くお礼申しあげます。

さて、2月も平成28年度・29年度神河町競争入札等参加資格審査の申請受付、税金の確定申告相談を受け付けます。
また、扁妙の滝ウォーキング、人権啓発講演会、園田競馬「神河町カーミン特別レース」、シニアカレッジ芸能発表会など、多くの行事が開催されます。是非お楽しみください。

結びになりますが、厳しい寒さの一方で寒暖の差が大きくなっています。風邪などひかれませんよう体調管理を充分行っていただきながらお過ごしいただきますようお願い申し上げ、2月のごあいさつとさせていただきます。
ありがとうございました。

このページに関するお問い合わせ先

総務課

所在地: 〒679-3116 兵庫県神崎郡神河町寺前64番地(神河町役場本庁舎2階)

電話番号: 0790-34-0001 ファックス番号: 0790-34-0691

お問い合わせフォーム