ページの先頭です
メニューの終端です。

平成29年4月のメッセージ(英語表記あり)

更新日:2018年1月17日

ページID:188

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

動画でもご覧いただけます。

3月4日、寺前駅前にコミュニティカフェ&アンテナショップ“Cafe Haku&Shop”がオープンし、カーミンの観光案内所と共に、新たな賑わいの場が生まれました。神河町産のこだわりの食材を使用したランチや特産品などお買い物も楽しめます。是非一度覗いてみてはいかがでしょうか。

“Cafe Haku&Shop”オープンの様子

3月4日 “Cafe Haku&Shop”オープン

11~12日には、『神河町ドローンムービーチャレンジ2016-2017「ドローンで神河町の自然を撮ろう」動画コンテスト』がグリーンエコー笠形で開催されました。9組からの動画応募があり、審査をしたところですが、私たちが普段見ることのない角度からの映像となっており、改めて神河町の自然の素晴らしさを再確認したところであります。この映像につきましては、町のホームページで公開しておりますのでご覧ください。

神河町ドローンムービーチャレンジの様子

3月11~12日 神河町ドローンムービーチャレンジ2016-2017

18日には、かみかわ銀の馬車道まつりが開催されました。当日は2年かけて修理・復元を行っていただきました、明治時代を彷彿とさせる人力車での写真撮影など、皆様方に楽しんでいただけたのではないでしょうか。「銀の馬車道・鉱石の道」の日本遺産登録に向けてのアクションに繋がるイベントになったことと、歴史文化を活かしたまちづくりをこれからも推進してまいります。

かみかわ銀の馬車道まつりの様子

3月18日 かみかわ銀の馬車道まつり

19日には、寺前駅前で「カーミンの春まつり」が開催されました。神河町特産品の販売他、カーミン体操やダンスなどカーミンとともに楽しんでいただけたイベントであるとともに、神戸新聞にも掲載されました神河町産「まるしいたけ」が販売されるなど、大いに盛り上がりをみせたと感じました。

カーミンの春まつりの様子

3月19日 カーミンの春まつり

さて、24日閉会いたしました神河町議会3月定例会には、条例制定・改正、工事請負契約変更、平成28年度各会計の補正予算、平成29年度各会計予算など計42件を提出させていただきました。
とりわけ、平成28年度地域創生事業はじめ新たに国の地方創生拠点整備交付金の決定を受けた峰山高原スキー場を中心とした補正予算。また平成29年度予算の重点施策として、(1)地域創生事業、(2)公立神崎総合病院北館改築工事、(3)峰山高原スキー場建設、(4)神崎エリア光ケーブル化事業に加え、引き続き各集落要望事業の推進を中心に、本会議並びに各委員会を通じて慎重審議の結果、第5号議案の空家対策条例の取り下げを除き、それぞれ可決・承認いただきました。

神河町の喫緊の課題は何と言いましても、少子高齢化に伴う「人口減少対策」です。この間の、給食費の一部公費負担、中学生以下医療費無料化や幼稚園・保育所の保育料軽減をはじめとした子育て支援策や若者世帯向け町営住宅建設、住宅取得・リフォームの際の補助制度、賃貸住宅への家賃補助などの施策を強力に推進してきたことにより一時50人を割る出生数でありましたが、2年連続で70人を超える状況となっています。
この出生数の改善とあわせて、国の地方創生交付金事業のシングルマザー移住支援事業、地域おこし協力隊の受け入れなどから転入者の増加による人口対策も着実に成果が見られます。合わせて、公立神崎総合病院北館改築で地域医療の充実に努め、峰山高原スキー場のオープンと新たな四季を通じた高原利活用により地域経済の循環拡大を図り、神崎エリア光ケーブル化事業で町内全域に高速インターネットの環境整備を行うなど、神河町の地域資源にさらに磨きをかけた魅力づくりにより「兵庫のまんなかでキラリと光るまち~神河町~」の実現に繋げてまいります。

4月からは、デジタル防災行政無線システムがスタートするとともに、平成29年度事業として念願でありました町道作畑新田線の整備工事が始まるなど、生活基盤をなすライフラインの整備も着実に進め、安全安心のまちづくりに向けた取組みも推進してまいります。
また、平成27年度から実施しています中学2年生を対象にした「子どもの夢を叶える事業」で「特産品を増やす」という提案をいただきこの度、神河町の柚子を使った「柚子スキンクリーム」が商品化、4月から町内の観光施設で販売されます。神河町の教育方針「ふるさと意識の醸成」にも寄与することのできる一品が、神河ブランドに加わったことはこの上ない喜びでありPRに努めてまいります。

柚子スキンクリームの写真

神河町の柚子を使った「柚子スキンクリーム」

さて、平成29年度がスタートいたしました。一日の夜はこっとん亭の桜祭り、2日は神河町消防団初出式並びに入退団式が挙行されます。また町内の小・中学校、幼稚園・保育所などで入学式が行われ、新しい制服・ランドセルに身を包んだ新入生が新しい門をくぐります。初々しい姿に目を細めながらも地域創生実行2年目もスムーズにスタートできるように身を引き締めて取組んでまいります。
また、8日には延期になっておりました「砥峰高原山焼き」が、8~9日には桜華園でさくらまつりが、そして、23日には越知川名水街道“春”物語、新田ふるさと村、グリーンエコー笠形でそれぞれスプリングフェスティバルが開催されるなど、神河町の魅力探しに出かけていただきますようお願いいたします。

さて、神河町から二回目の職員派遣をしていました宮城県山元町への災害復興支援について、3月末を以って一年の任務を遂行し神河町に復職いたします。山元町は着実に復興を遂げています。
そして新たに、4月より6ヶ月の期間で熊本地震の被災地である熊本県益城町への災害復興支援に町職員を1名派遣し、災害業務に従事いたします。改めて、一年間復興支援に携わってくださいました職員並びに、今回の熊本災害復興支援に際し、派遣要請に決意していただきました職員に、そして何よりも復興支援にご理解ご協力くださいましたご家族の皆様に心より感謝申し上げます。

合併12年、そして町長就任してから8年目を迎え不十分ながらも神河町は、この間のまちづくりの取り組みが年間通じてマスコミ各社で取り上げていただき知名度を挙げてきています。そして、着実に元気な町になりつつあると実感しています。
これもひとえに、全職員の頑張りはもとより、神河町議会をはじめ町民の皆様の神河町のまちづくりに対する深いご理解とご協力があってのことと、心より感謝の意を表する次第であります。
人口減少は国全体としての大きな課題ではありますが、まちづくりは地域として取組むべき課題であります。
そのためにも「交流から定住!」何といってもこれからのまちづくりは多くの人々が集うまちでなければそのまちの発展はありません。
この流れに拍車をかけて神河町の地域創生を更にスムーズにそして強力に推進していく為には町政の安定と継続が極めて重要であると考えます。

今後の決意といたしまして、「交流から定住!」「住むならやっぱり神河町」を基本に、一昨年10月に策定し、現在その実行2年目となりました、神河町地域創生総合戦略をしっかりと推し進めることであります。

総合戦略基本目標であります、

  1. 豊かな自然を活かした、安定したしごとを創造する
  2. 地域の魅力を高め、交流から定住へとつなげる
  3. 希望をもって結婚・出産・子育てできる社会を実現する
  4. 安心して過ごせる豊かな暮らしを創造する

この基本目標に掲げる基本施策の取り組みをしっかりと実行してまいります。

結びになりますが、まだまだ寒暖の変化が大きく、体調管理には充分ご留意いただきながら、これから暖かくなる好季節を健やかにお過ごしいただきますようお祈りし、4月のごあいさつとさせていただきます。

Message from Mayor in April, 2017

On March 4, the community cafe & pilot store "Cafe Haku & Shop" opened near Teramae Station, a new bustling place created together with the Kamin tourist information office. You can enjoy lunch, and buy specialty items, made from Kamikawa products. Why don’t you have a look sometime?

On March 11th and 12th, the Kamikawa Drone Movie Challenge 2016-2017 “Let's film Kamikawa by drone” video contest was held in Green Echo Kasagata. There were video applications from 9 teams and we have just finished judging them. Kamikawa has a lot of beautiful nature and we were able to see it from many different angles from above, which only confirmed its beauty. For the videos, you can see them on the town’s website.

On the 18th, the Kamikawa Old Silver Mine Carriage Road Festival was held. On that day, I think everyone was able to enjoy the rickshaws and take pictures with them. They reminded us of the Meiji Era, and took 2 years to repair and restore. We will continue promoting town planning that makes use of historic culture and events that lead to the registration of the “Old Silver Mine Carriage Road” and “Koseki-no-Michi” as a Japan Heritage site.

On the 19th, the "Kamin Spring Festival" was held in front of Teramae Station. I felt that everyone enjoyed gymnastics and dancing with Kamin, the sale of Kamikawa specialty products, and the sale of “Maru Shiitake” mushrooms from Kamikawa, which were written about in the Kobe newspaper. Many people came to the event, and had a good time.

Also, at the regular meeting of the Kamikawa Town Council which finished on the 24th, we made a total of 42 cases. Among them, a supplementary budget mainly for the Mineyama ski resort received the decision of the Regional Renewal Project from 2016. In addition, as priority measures for the fiscal year budget for 2017, we will continue to promote each village’s request, as well as cases (1) region renewal project, (2) reconstruction work on the North Building of the Public Kanzaki General Hospital, (3) Mineyama ski resort, and (4) Kanzaki area fiber cable internet. Only 1 case, about vacant housing, was rejected at the town council meeting.

The most important issue for Kamikawa is what we call the “Population Decrease Countermeasures,” because of the declining birthrate and aging population. Thanks to the partially provided school lunch fee, free medical care for children in middle school and under, childcare support measures including kindergarten and nursery school fee reductions, townhouse construction for young families, and assistance system for buying and remodeling houses, we saw great improvement. The number of births per year has increased to 70 for the last two years, compared to the 50 births a year from 3 years ago.

Together with the improvement of the number of births, steady progress is also seen in population decrease countermeasures due to the increase in the number of newcomers from the Single Mothers Migration Support Project of the National Regional Renewal Project, as well as with local vitalization cooperator.

Together, we are working to enrich regional medicine with the reconstruction of the north building of the Public Kanzaki General Hospital, opening up the Mineyama ski resort and using it throughout the year to increase the circulation of the regional economy. We will continue to improve the service area of high-speed internet, and continue to reach for the realization of “Kamikawa – a shining town in the middle of Hyogo” by further refining the local resources of Kamikawa.

So, the 2017 fiscal year has started. On the first of April is the cherry blossom festival of Kotton Tei held in the evening, and on the 2nd will be the send-off and welcome ceremony for the Kamikawa fire brigade. As well, entrance ceremonies are being held at the elementary and junior high schools, kindergartens, nursery schools, etc. New students wearing new uniforms and new school bags will go through new gates. We are glad to see so many fresh faces, and are inspired to start the second year of community renewal.

In addition, on April 8th there is the “Tonomine Hills Grass Burning festival”, the Cherry Blossom Festival at Sakura Koen, Oukaen on April 8th and 9th, and the "Story of Spring" at the Ochi River Waterway Road on the 23rd. We hope that you will visit Kamikawa’s events, such as the Spring Festival held at Shinden Furusato Village and Green Echo Kasagata. Please visit Kamikawa and discover its charm!

By the end of March, the staff that had been dispatched to Yamamoto, Miyagi Prefecture for disaster reconstruction assistance a second time, have returned to Kamikawa. Yamamoto is steadily recovering. Then, starting in April for 6 months, we will dispatch staff to Mashiki town, Kumamoto prefecture, which is the area devastated by the Kumamoto earthquake. Again, to the staff who have engaged in the reconstruction assistance for one year, and to the staff who agreed to dispatch on the occasion of this Kumamoto disaster reconstruction assistance, we thank you for your understanding and cooperation. To their families, I would like to express my gratitude to all of you.

Although it has been 12 years since the town merger, and 8 years since I took office as mayor, Kamikawa has been raising awareness by receiving media cooperation efforts throughout the year. I think that it is steadily becoming a healthy and more popular town. In addition to this, I will express my gratitude from the bottom of my heart for the deep understanding and cooperation of the people of Kamikawa, including the Kamikawa Town Council, as well as the efforts of all the staff.
Population decline is a major issue for the whole country, but town planning is an issue to be addressed as a region. For that reason, rather than just coming to visit, we hope that people will come to stay here. The future of town development is a town where many people have gathered together. We believe that the stability and continuity of town administration is extremely important in order to help this trend and promote smooth and strong regional renewal in Kamikawa.

As for future goals, the Kamikawa area renewal comprehensive strategy which was created in October of two years ago, is based on "Kamikawa - the best place to live!"
The basic plan for our strategy is:

  1. Creating stable work that takes advantage of the area’s rich nature
  2. Enhancing the charm of the area, connecting from visit to settlement
  3. Realizing a society where marriage, childbirth, and childcare can be achieved with hope
  4. Creating a rich lifestyle that you can spend peacefully

We will steadily implement measures under this basic plan.

To conclude, there is still a lot of change in the temperature, so please take care and hope for a good spring that will get warmer from now on. Thank you for listening to my message for April. Thank you very much.

このページに関するお問い合わせ先

総務課

所在地: 〒679-3116 兵庫県神崎郡神河町寺前64番地(神河町役場本庁舎2階)

電話番号: 0790-34-0001 ファックス番号: 0790-34-0691

お問い合わせフォーム